こんにちは!

先日、友人からとっても

嬉しい報告が届きました♡


教会

(おめでとう~♡)



一年前に友と会った時、彼女は

彼女が長年、じつは心から望んでいる

願いを、はじめて語ってくれました。



長い付き合いですが、ここまで本音で

思いを伝えてくれたのは初めてで、

私が勝手に抱いていた彼女のイメ-ジとは

180度真逆なこともあり、いい意味で

裏切られた瞬間でした。



彼女、はじめは言葉を選びながら、

でも徐々に自分のリミッドをとっぱらって、

長年自分の心の中だけに秘めていた

思いを、
かなり細かく語ってくれました。




それを聞きながら、私は

「いいね!」「良いと思う!」

を連発していました。ほんとうに良いと

思ったし、そもそも他人の思いを否定する

権利は私には無いことも知っているので、



「大切な友の、本気の願望。
応援するしか、わたしには
選択肢がない」




訳です。

そこに、迷いはありません。



自分の願望を口にするとき、誰もが

(こんなこと言ったら、周りから何て

言われるか・・・)そんなブロックって

あると思うんですね。



だから、願望の5割ぐらいに抑えて

みなさん口にすると思うんです。

わたしも、以前はそうでした。



今の自分に叶えられる程度の願いしか

口にしないか、またはとてもじゃないけど

叶えられそうにない、とんでもないことを

言うかのどちらかでした。

※宝くじが当たったら、的な。笑



そんな見栄や恥を「今だけは」とっぱらって。

ほんとうに、自分が心から望んでいる状態を

口にすると、現実って動き出す。

ホント、動き出します。彼女がそれを

見せてくれました。



そういえば私も、その時彼女に語った

「自分の望む状態」に、小さな一歩ずつ

ですが、毎日近づけるよう、行動を

つみ重ねていますね。



お互い一年前に口にした、本当の願望。

彼女はすでに5割以上叶えていますね。

スピ-ドが早い!



これは、それまで何をつみ重ねてきたか?

どんな経験をしてきたか?また、心から

本気で思っているか?個人差はあると

思います。



出したものが返ってくる、それも法則だし、

経験の積み重ねによって、自然と自分を

信じることができ、それが願望達成への

行動へとつながっていくから。

※願望達成に行動は欠かせません♪



ただ、今までがどうあれ、自分の人生は

これから先はどうにでも変えられる。

なので、今からどうしたいか?が大事

なんですね。



とにかく、感じるのは

やはり言葉の力ってすごい!ということ。

手帳に書きだすこともいいですが、

口にするとさらに叶えるスピ-ドは

早くなる。



ただ、この時注意しておきたいのは

誰に言うか、です。



もし、自分の心からの願望を家族や友人に

伝えた時、

「それが出来たら苦労しないよ」

「言うのは簡単だけど、じっさいは難しい」

「無理無理!都合よすぎるよ」

という人には、言わない方が良いと思います。



せっかく勇気を出して願望を口にしても、

ものすごく嫌な気分になるから。



しかも、たいていこういうことを言うのは

身近な家族や仲のいい友人なんですよね。

なぜならば、「変わってほしくないから」



友達にも、自分も、変わりたくないから。



だから、変化しないようにいわゆる

足を引っ張る言動をしたくなるんです。

なんか、そういうものみたいです。



でも、こんなことをしていると

間違いなく自分の運気が、どんどん下がって

いきます。だって、友人のしあわせや成長を

心から喜べない自分って、どんな感じ?

・・・と振り返ると

決して気持ちの良いものではないから。



ぜんぜん心地よくないですし、もやもやした

じつは「嫉妬の塊」ではなかったですか?

私はそうです。



今だって、時にそんな感情を味わうことも

あります。でもダメじゃないんですよ、

どんな感情も。ネガティブな裏には、

かならずポジティブがいるから。



だから、喜べない自分もしっかり感じとります。



そして、なぜ喜べないのだろうか?と、

自問自答して、裏側のポジティブを見つけます。

そうして、今の自分に足りていない部分や

ほんとうは自分もそうなりたいのだ、と

本音が見つかったりします。



だから、嫉妬しちゃってもダメじゃないです。



た・だ・し。

長い期間、その状態でいると自分の発する

周波数がネガティブ側に居座る時間が

増えてしまうんです。それが、運気を下げる

一つの原因となるわけですね。



仲のいい友人が飛躍しようとしていると

いうことは、実は、自分も

それに近い周波数を発している、ってこと。

全く違う波動のもの同士、長い期間いっしょ

にいられませんから。



だから、身近な人がしあわせになっていく

ということは・・・次は?

・・・・・そうです、自分の番かもしれない

のです。



だったら、大切な人の望みは応援したり

しあわせは、共に喜ぶほうがいいですよね。

( *´艸`)



しかも、我がことのように喜んでいる時の

自分の状態って、まちがいなく高い波動に

なっていますから♥️



波動は強いものに影響されます。

ラッキ-な人の近くにいれば、

ラッキ-な波動が伝染してきます。



だからといって、ラッキ-な人に

アンラッキ-が起きないってわけじゃ

ないですけどね。

なにごとも、陰陽一体ですから。

アンラッキ-があるから、その裏側の

ラッキ-が起きるんですね。

しあわせな友人もそうです。自分もそうです。



誰の人生にも、良いことと良くないことがある。



じゃあ、なぜ幸せな人とそうでない人が

いるのか?といえば、置かれた環境で

「どこに注目しているか?」

だけなんですよね。



注目した部分が、拡大鏡で大きくなって

意識に入り込んでくる。それだけの差

だったりします。



私は若い時、仲のいい友人の変化が嫌い

でした。それは、自分だけ置いてけぼりに

される気がしたから。いっしょうけんめい

足を引っ張ることをしていました。



でもね、その時の自分を振り返ると

共に成長していけるような、自分を

高める努力を私は全くしていませんでした。

自分に夢中じゃなかった。



だから、周りが気になって。不満ばかり

目についたり。必要以上に他人と自分を

比べて落ち込んでしまったのかと思います。



「それ以上、変わる必要ないよ」

「あんまり無理しない方が良いよ」

「そんなに頑張ってどうするの?」



そんな言葉、平気で言っていました・・・

ああ、今思うとゴメンナサイ。

でも、40代の内に気付いて良かった。

そう思います。



その時と今と、どっちがしあわせ?

どっちがいい?って聞かれたら。

もう間違いなく、「今!」だから。



だからこれからも私は周りの人の成功や

しあわせを自分のこと以上に喜んでしまう、

間違いなく。



一緒に悲しんでくれることは、実は

割とだれもが簡単にできる。



ところが、一緒に喜ぶことができる人

は、そう多くない。もし、あなたにあなたの

しあわせを我がことのように、心から

喜んで応援してくれる人がいたら、

なんと幸せなことだろう・・・と、

以前どこかで耳にし、記憶に刻まれて

います。



そんな人と、これからもずっと一緒に

いたいって思います。ちなみに、友人は

昔から私の喜びを、自分のこと以上に

いつも喜び、応援してくれる人です。

ありがとう。