こんにちは。

今日は「パートナーシップ」について

書いてみたいと思います。


夫婦

(沖縄・備瀬。フクギ並木より)



パ-トナ-シップという言葉自体の

意味は「協力関係」「提携」。

また、パ-トナ-は「仲間」「夫婦」。

ですので、今日は「夫婦の関係」という

意味で使わせていただきます。




コロナの影響でパ-トナ-との関係性、どうなった?



コロナによってパ-トナ-との

関係性が良くなった人と、悪くなった人

がいるようです。「コロナ離婚」と見かけ

るようにまで・・・。



しかし、私の半径数メ-トルを見渡して

みますと、・・・コロナが原因で、

夫婦仲が悪化したとは、聞きません。

コロナ関係なく、たまたまこの時期

お別れしたカップルはいますが。



とはいえ、在宅勤務や自粛生活、

出勤日数調整で家にいる時間が増えた為、

イライラやモヤモヤは、大なり小なり

あるみたいですね。ちなみに、私もありました!



自粛生活でパ-トナ-にモヤモヤしたら先ずすること!



コロナ流行で、自粛生活が強いられ、

慣れない生活スタイルで、初めは不具合や

ストレスを感じました。



中でも、これまで一人でゆっくりしていた

貴重な時間が少なくなったこと・・・

これが私は一番きつかったかも、です。



思うようにいかないことが起きると、

どうしても他人のせいにしたくなり、

他人の良くない部分が目に付きます。



(もっとゆっくり寝ていたらいいのに・・・)



と、頭の中で言っていたりします。

でも、直接は言えない・言わない。

(これを言ったら、悪い空気が漂う・・・)

そう思い込んでいるので、言えません。

でも、言えないから余計膨らんでいく。

(;'∀')



ただこれね、実は私の単なる思考グセ。



同じ状況でも、イライラしない人もいれば、

「ひとりになりたい~」と、サラッと言える

人もいます。居場所をさっさと変えて

ひとりの時間を確保する人もいるでしょう。



だから、捉え方は人それぞれ。個性。



ということで、パ-トナ-にモヤモヤを

感じてもそれを言えない時は、

「あ!そうそう。私はこんな時、

こんな風に考えちゃう特質だった!」

と思い出して、それを自覚するんです。

単なる「思考の癖=個性だ」と、

思い出すんですね。



そうだった、私はいつもこんな風に悪い方へ

考えてしまうんだよね~と自覚すると、

モヤモヤ風船に針を「ポン」と刺したか

のように、黒く膨らんだモヤモヤ風船から

空気が「プシュ-」っと、抜けていく感じ

がしてきます。(個人的な感覚。笑)



膨らんだモヤモヤ風船から空気がぬけて

しぼんでいくので、そこから離れることが

でき、別の方向へ意識を向けやすくなるんです。



「悪い思考の癖がでたら、それを自覚

すること」これが、モヤモヤから抜け出す

トリガ-になるんですね、私の場合。



私はどうしたい?と自分に問いかける



(あ、また出ちゃった。私の思考グセ)

と自覚したら、次にすることは

(で、ぶっちゃけ私はどうしたい?)

と、自問自答します。



※「ぶっちゃけ、どうしたい?」は、

よくワタナベ薫さんが使われていますが、

これ、いいですよ~「ぶっちゃけ」が、

思い込みやブロックをぶっ壊してくれる

感じがします。



ぶっちゃけ、私はどうしたいのか?



これやったらダメとか、決めつけないで

自由に考えます。そうして答えを出します。

別に答え通りに絶対にやらなくちゃ

いけないとかないので。好きなように考えます。



たとえば、ゴロゴロしている夫に

モヤモヤして。

ぶっちゃけ自分はどうしたい?

と考えたら。

「たまには家事を手伝ってほしい!と

言いたい!」と答えが出たとします。



ほんとうに?それが答え?と何度か聞いて

答えを探ります。

いや・・・本当は違うな、とか。

別の答えが出る時もあります。

そんな風にして答えが出たら・・・



私がしたいことを小さくてもいいからやってみる



その答えで、今の自分にできることが

あったらやってみます。

今は無理だと思ったら、私は無理にはしない

ことが多いですが、ただ自分のほんとうの

望み(本当はこうしたいんだな)という

ことが自覚できるだけでも、気分が軽く

なります。



本当はこうしたい・・・。その答えはほぼ

「パートナ-との関係性を良くしたい」

であるので、その前向きな答えが見つけ

られただけでも、めっけもん!



そっか~。わたしはただ我がままでモヤモヤ

していたのではなく、夫といい関係を

築きたいのだな~そうかそうか、ヨシヨシ。

と自覚できたら、それだけでお宝発見です!



まずは、その気持ちだけでもパートナ-に

伝えてもいいですね~。



私も一年前から、時々夫に、

「言いたいことを我慢するだけじゃなく、

大切なことはお互い言えるようになりたい」

と言えるようになりました。



だからと言って、思っている事全て!

相手の気持ちも考えずにズバズバ言うのは

品がないと思っています。

何を言うか、何を言わないか、考えること

は大切だと思っています。親しき中にも

礼儀あり、ですよね。



逆に、家族だから言うべきこともあります。

例えば、臭い問題とか。

周囲に不快な思いをさせることで、

手を掛ければ改善できることは、やんわり

と伝えます。自分ではわからない部分も

あるからね。



それは夫にも、なにか気になることが

あったら遠慮なく言って欲しい!

とお願いしています。家族ぐらいですから、

こう言う部分を、ストレ-トに言って

くれるのは。余談でしたね。



自覚と自問自答を繰り返すうちに気付くこと



自分の悪い思考癖に気が付いてそれを

自覚し、ぶっちゃけ自分はどうなりたいの?

と、自問自答を繰り返すうちに



あれ?モヤモヤって。ほぼ自分の思い込みで

現実を創っちゃっているよね。と気が付いて

くるんですよね。



相手に伝えたり、確認していないのに

勝手に「ゼッタイそう!」「ゼッタイ

そう思っている!」と、決めつけて

いることって、案外多いんです。



ゴロゴロしている夫を見て、

「家事手伝ってと言っても、ぜったい

助けてくれない!」と、思い込んでいるだけ

だったりしますから。



だから、「それってホント?」と、自分を

疑うようにもなってきます。

コントロ-ルできない、他人を疑うのでは

なく、まず自分を疑うようにもなり始めます。



すると、夫はどう思っているのか?聞いて

みようかな?とか。

とりあえず「洗濯物やってくれない?」と

ダメもとでいいから伝えてみようかなとか。

(この場合、伝えることが目的なので、

やってもらえなくてもスッキリするんです)。



こんな風に、思考と行動が以前に比べ、

動くようになりました。



コロナ自粛の副産物、それは内省!



他人にイライラしたりモヤモヤしたり

逆に、良いなあと思ったり。

寂しそう・・・とか。楽しそう!

自由だなあ!とか。

そういうのって、自分を投影していると

言われていますよね。



だから、そんな風に思ったら自分を見つめ

なおすチャンスでもあるんでしょうね。



身近な人にイライラしたら。

なんでイライラするのか?

自分は本当は何を求めているのか?

ぶっちゃけ、どうなりたいのか?



自分の気持ちを確認してみると、

パ-トナ-との関係性がいい方向へ

動き出すこともあります。



私の身近な友人をチエックしてみても

相手に求めてばかりの人よりも、

自分はどうしたいか?自分はどうするか?

そちらの方に多く考える時間を使っている

人の方が、パ-トナ-との関係性が

良くなっている傾向が見られます。



私自身も、そうですね。



相手にこうしてほしい、ああしてほしい

こうするべきだ、普通はそうするでしょ!

隣の旦那さんは・・・!と、押し付けて

いた時よりも、感情が沸き上がった時は



何でそう思うのか?

で、結局どう在りたいのか?




そちらに意識を向け始めてからの方が

夫との課題をクリアできる回数は

圧倒的に増えました。

クリアするたびに、レベルアップ!

それはまるで、ゲ-ムの様です。