こんにちは。

本日は家計管理について、

わたしがやっていることを書いてみます。


るるる~



先取り貯金をやめた!

理由と目的→

毎月のお金の流れをリアルに感じたいから。



数年前から先取り貯金をいっさいやめました。

それまでは、レジャ-費・車の維持費(車購入費)

年末年始費(お年玉含む)・冠婚葬祭費・

固定資産税費・急な出費費・・・などなど。

何項目かに分け、先取り貯金をしていました。



これはこれで、非常に効果のある、家計管理法でした。



なので、先取り貯金がダメって言いたい

のではありません。先取り貯金は「〇」です。

が、ひとつネックだったのは、毎月の

お金の流れが手に取るように見えない・・・



例えば、固定資産税。今月20万の支払いが

あったとします。すると、先に貯めておいた

貯金から20万支払う訳なので、今月の収入

からは、毎月先取り貯金として決めてある

金額分しか「支出」として家計簿に計上され

ないのです。



ここに、違和感を覚えたんですよね。



今月のお金の流れは、20万あったのに。

じっさいの支出額はそうじゃない。

潜在意識は数万円の支出なのに、

顕在意識では20万。(私の勝手なイメ-ジ)

みたいな。しかも、大きな金額ですから、

お金を出すときに、不安になって心が

ざわざわ・・・。



このザワザワを無くすために、これまで

先取り貯金をしてきたのですが。

それにも私の場合、違和感を覚え始めたのです。



だから、思い切って!やり方を変えた、

現状のお金の流れをしっかりと把握する

ために

「赤字になる月も味わおう!それが今の

我が家の現状だ、と覚悟しよう」、

赤字としっかり向き合おう!

と思いました。



そうして、先取り貯金を一切やめて

毎月の家計簿が赤字になっても、

一年間通して黒字であるのならばOK!

一年間の内、数か月赤字となっても

ただしい(必要な)お金の流れであれば、

それは私には、正解。だから、目先の赤字が

気にならなくなる。



・・・そんな理想の状態を、目指すことに

しました。



それでも、固定資産税の支払い付きや

車検がある月は実際赤字となると

やはりザワザワします。



でも、そのたびに目先の赤字ではなく

一年通しての黒字部分に意識を向ける

ように、繰り返し繰り返し、しています。




そんな感じで家計簿管理をしてきた結果。

なんと、今年は毎年赤字月となる5月の

家計簿が、黒字になっておりました!



五月は固定資産税の支払いや、車の保険

入学祝などで出費が多い月で毎年赤字に

なるんです。どう頑張っても、赤字になる。

その度にガッカリしていました。

でも、もしかしたらこのガッカリが、

私には必要だったのかもしれません。



なぜならば、希望・望む状態は、

黒字家計な訳ですから。



理想の状態を決めて、ワクワクして

実践したけど現実はそうじゃない。

そのギャップを目の当たりにしてガッカリ

する・・・。すると脳はそのギャップを

埋めようとする。埋めるためには、

どうしたらいいか?考えるようになる。



もしかしたら、ですが。(結果論)

この脳の仕組みが働いたのかもしれません。



だから、固定費の徹底的な削減にも

前向きになれたし。本業に対する考え方も

かわりました。今の場所で自分の出せる価値

(役割)はなにか?そして、上司から

学べることは何だろう?上司の良い部分を

マネして、良い知識を吸収したいな、

そんな風に思えるようにもなりました。



自分の波動が変わったので、目の前の

現実も少しずつ、方向が変わり

これまでと違う結果を手にできるように

なったのではないか?と、自己分析して

います。



ひとまず、いい結果が得られたので

しばらくはこのやり方を継続してみよう

と思います。以上、私の経験談でした。



家計管理法も人それぞれ。ご自身が

いちばんしっくりくるやり方を見つけて

その方法でいい結果がでているのであれば、

それが、その人の正解ですよね。

ご参考までに・・・。