こんにちは。

いつのまにやら、紫陽花が美しい季節に・・・

おかあさん♡


(この色は、義母のイメ-ジ)



そんな6月。

おこづかいの残金を(ひさしぶりに)

チエックしましたら・・・。

ずいぶんと余っていて、繰越金が

10万円を超えていました。



2020年はコロナのお蔭で外出する

機会がめっきり減り、お小遣いを使う

ことも、自然と減りました。

気がついたら、お小遣いがたまってた!

みたいな夢のような結果に。

お金を使わなくても気にならない、それは

つまり



47歳。
そんなにお金を
かけなくても
楽しく暮らせる
体質になっていた。


ということか。

私のお小遣いは、ひと月¥24,000です

(なぜこの額になったのか?

覚えていません。夫無職中に再設定し、

わたしのお小遣いはそのままです)



今の私が、このお金を使う目的は、

・読みたい本の購入

・大切な人への、プチギフト代

・ドライブスル-で買う朝マック



です。本の購入も、さいきんはひと月に

2~3冊程度。朝マックだって、

コ-ヒ-だけなら¥100。

プチギフトも、500円~1,000円。



これで、十分、私は満たされています。



だから、外出がへり、お金を使う機会も

少ない自粛生活にそんなにストレスを

感じず済んでいられるのだと思います。

ただ、もしコロナがなかったら・・・

私は今年も外に出て、刺激を受けて

自分の好きなことを学びに行っていた

と思います。そこへ、お金を使っていた

と思います。



モチロン、それも大好きです!



しかし、それがなくても。

そんなにお金をかけなくても。

わたしは、じゅうぶん楽しく暮らせる

ことが今、コロナのお陰で確認できています。



ひと月に一冊、新しい本を購入できて。

ときどきは、カフェでお茶して。

たいせつな家族や友人に、感謝の気持ち

を伝えられるだけのお金があれば。

わたしは、じゅうぶん自分の人生に

満足して暮らしている。



コロナのお蔭で、それを体感しています。



貴重な経験だ~。お陰で、将来にもっと

もっと、不安や恐れがなくなりましたから。



お金をある程度自分で稼ぐことができて

稼ぐ額の大小には関係なく、基本そんなに

お金をかけなくても、楽しく暮らせる

マネ-・リテラシ-。



そして、お金を使って何をしたら

自分の本質が喜ぶのか?自分を良く

知っている。その内容は、お金をたくさん

かけなくても、できることばかり。

この事実が、これからも軽やかに伸びやかに

生きていけるのだ、と。自信につながり

積み重なって行く。



こういった自信は、さらに安心感を与えてくれます。



だからもっと、将来に不安がなくなります。

不安がなくなると、さらに前向きになれます

から、お金に対しても、さらに前向きに

なります。



お金と仲良くする方法には、

①お金を生み出すアイデアが次々浮かび

それを失敗を恐れず、行動に移して。

収入を増やし、お金と仲良く生きるのが

得意な人。



②今の収入の範囲内で小さく暮らし、

ゆとりを手にすることで、お金と仲良く

生活するのが得意な人。



この二つのタイプに分かれると思います。

私は勇気がないので、まずは、土台を固める

ために、今の収入の範囲内で小さく暮らし、

ゆとりを手にすることで、次の段階へ

すすんでいく方が向いているようです。



人それぞれ。自分の特質にそった方法で

お金と仲良くしていけたらいいなあと

思います。