こんにちは。

本日のタイトル、

「経済的に無責任な人とは付き合わない」

は、昨日ブログでご紹介しました

コチラの本の中からお借りしました。

愛

正確には、

経済的に無責任な人とは
付き合わず、
まして結婚など
してはいけません


となっています。

「子供に示した道-最初の10年間」

ということで、さいきん大学を卒業された

娘さんに進めた今後の歩み方が「28項」

も書いてもあるのですが、めざす場所は



「経済的自立」。



30代の内に、経済的な自立達成!

(=保有資産の4%を使って生活できる状態)

を目指すために、最初の10年間を

(20代)どうすごせばいいか?アドバイス

が書いてあります。



その中で私がもっとも惹かれたのが、

「経済的に無責任な人とは付き合わず

まして結婚などをしてはいけません」

でした。



ほんとうに、大切なことだなあと思います。

ここからは私の考え方になりますが、

お金に無責任な人は、その他においても

無責任な傾向が強い!と感じます。



たとえば、他人から借りたお金を返さなく

ても平気な人がいます。借りたお金を

返さない内から、別の人にまた借金をしたり

します。身近な関係でも、平気でそういう

ことをして、借金を膨らまします。



家族や友人に借金をしているのに、それを

返そうとせず、自分の道楽に平気でお金を

つかい、なくなるとまたたかりにきます。



それはおかしいだろう、と、こちらが

いくら言っても伝わりません。

・・・もう、感覚が違いすぎる訳です。



これはひとつの例ですが、お金の使い方

にはその人の人柄があらわれる、と私は

思っています。それはつまり、自分のこと

をどう思っているか?(自己肯定感の低さ)

もでると言われています。



モチロン、若いうちは色々な失敗を経験

し、そこから学ぶ時期でもあるので

時にお金に対してル-ズに振る舞うことも

あるかもしれません。

私も、20代の頃はありました・・・。



ただ、それを何度も繰り返すような場合、

また、ある程度の年齢になっても

「このままじゃ、マズイ!」と気が付かず、

直す意思が見られない場合。



そう言う人といっしょにいても、心地よく

居られるとは思えません。いつもこちらが

我慢し、モヤモヤした感情を抱き続ける関係

になります。



その状態は、氣の流れが悪い状態なので

自分の運気も下がる、という訳です。

もやもや・イライラは、

波動、エネルギ-の状態が低い、

ということですからね。



自分が心地よく居られる状態を優先する

ことは、周りの人にもいい影響を及ぼす

ことになるので、一緒にいて心地よくない

人と無理に付き合う必要はありません。



お金は、その感情がとても分かりやすい

ので、いい人生を歩きたいのであれば

お金に無責任な人(価値観が違いすぎる人)

とは付き合わない方がいいと私も思います。



時々、悪気はなくても人から借りた

お金をすっかり忘れちゃう!という人が

います。私にはちょいと理解しがたい思考

回路なのですが・・・(;^_^A



そう言う人と付き合っていく場合は、

遠慮せず、こちらから「貸したお金返して~」

と言える自分になること。



貸したお金は返すのが自然なことです。

だから、貸したお金が返ってこない時は

こちらから返してと言っていい。

それが出来ない場合、相手でなく自分に

原因があるのです。



なぜ言えないのか?



相手に悪いから?

返してと言ったら、嫌われるから?

そんな人と、この先も長く付き合って

いきたい?どんな関係でいたい?

心地いいのはこれ?と、自分自身を

みなおして、自分もお金に無責任に

なっていないか?お金を雑に扱って

いないか?それはつまり、



自分を丁寧に扱っているか?



自分を丁寧に扱っていないと、お金も雑に

扱いがちです。貸したお金を返してと

言えないのも、自己評価の低さが原因で

あったりします。



ちなみに私は、若い時は自己評価が

めっちゃ低く、人にお金を貸すのも嫌!

でした。貸したら返ってこないと思って

いたので。



今は、貸してと言われたら出せる範囲で

貸しますし、モチロンしっかり返して

もらう前提です。返してもらえると信じて

います。



もし、経済的にきちんとして、

自立した人生を歩きたいと願うので

あれば、まずは自分がそう在ること。



「経済的に無責任な人とは付き合わない

まして、結婚などしない」



若い世代にぜひ、知っておいてほしい

リストのひとつです。

(もちろん、年上世代の方にも)