こんにちは。

先月で家計簿ノ-トが最後のペ-ジとなり、

7月から新しいノ-トになりました。

(以前と同じノ-トです)。



新しいノ-トに乗り換える際、これまでの

家計簿を見返してみましたが、

いや~、なんだかんだで、それなりに

やってます!



見返したのは、2017年からの分ですが、

3年前は不要な保険と分かっていながらも、

サンクコストの呪縛で、なかなか解約

に踏み切れず、加入したまま悩み続けて

いた民間保険も、たんまりと残っていました。


========

※サンクコストとは、辞書で引くと

「すでに支出され、どのような意思決定を
しても回収されない費用。埋没費用」


とあります。回収されない費用なのに、

これまで支払ったお金がもったいないから、

と考え、正しい判断ができなくなる、

それが「サンクコストの呪縛」ですね。

========



それも時間をかけて、自分たちにとって

必要な物なのか?見極め、ようやく

手放すことが出来た訳ですが・・・。

時間をかけてやっていると、過去に自分が

どんなことをしてきたのか?忘れてしまい

ます。



しかし、こうして記録に残っていると、

けっこうやってるわ~と思い出しますね。

これ、自己肯定感を高めるにも、良いです♪



家計簿を見返して感じるのは、

固定費の削減をすると、貯蓄率がアップ

する、ということ。

当たり前のことですが、そうなんです。笑



我が家の場合、比較してみますと

昨年までの平均貯蓄率→16%

2020年の平均貯蓄率→24%

(1月から6月までの半年分となります)。

なんと、8%もの差が!



※貯蓄率(%)の計算は、

貯蓄額÷手取り収入額×100



と~っても当たり前のことですが、

支出が減る→手元に残るお金が増える。

だから、

→貯蓄額も増えます。

つまり、ゆとりが増えます。



ここで、つい「ご褒美~」と、支出を

増やしたくなりますが(今までの私がそうでした)

目指す場所が、<お金から自由になる事>で

あるならば、しばらくは

→生活スタイルはそのままキ-プする。

を、選んでください。そして、貯蓄を増やして

ください。



これまでの生活でも、もうじゅうぶん幸せを

感じられているのですから、これ以上

無駄にモノを増やす必要もないですし、

もちろん時々のご褒美は人生に欠かせない

ものではありますが。それも、たまにだから

いいわけです。



今のままの生活で、じゅうぶん幸せ・・・。



そう思える状態にすでになっている

のだから、生活はそのままキ-プ。

すると、もう頑張らなくても自動的に

お金が貯まっていきます。

執着なく、貯められます。

気がついたら、貯まっちゃっています。

(自分比較調査結果、ですよ)



そして、もうすでに自分たちにとって

どれぐらいのお金が必要なのか?皆さんも

分かり始めていると思いますから、

自分たちの価値観で決めている、

十分な備え(貯金)がキ-プ出来たら。



さらに、安心感が高まります。



安心感があると、必要な所へお金を使う

時も、楽しく感謝してお金を使えるように

なってきますよね。これは、無駄遣いでは

ありません。



収入の額を増やすことも、もちろん良い事

ではありますが、そこに「欠乏感」がある

と、執着が強く上手くいきずらくなる気が

します。



ですから、収入の額よりも。

まずは、自分たちの収入の範囲内で、

貯蓄率を意識する。



いろいろなタイプがいらっしゃると

思いますが。私がこれまで経験してきた

なかで「安定的な幸せ」をもっとも感じ

られる状態とは、



収入の範囲内で、余裕で楽しく生活でき、

余ったお金で時々家族みんなと

ごほうび旅や、ごほうび外食をして、

家族みんなで笑顔になる。



そして、その思い出をその後も時々一緒に

思い出して、さらに共に幸せを感じる。



すると、またあの時のように楽しい経験

を大切な人と共有したい、と思えて。

さらに、自由に使えるお金を増やしたい♪

と、ワクワクできる。



増えたお金で、次はあんなことをしたい

こんなことも、させてあげたい、と

妄想できる。



この状態が、ひじょ~~~に、

しあわせすぎる!!!と、分かったんです。



そのために、今の収入の範囲内で

ゆとりをつくる事。



お隣の誰かさんと、自分の年収を比べる

のではなく。

友人の旦那さまの稼ぎと、夫を比較して

恨み、妬み、凹むだけではなく。



自分たちの収入が、自分たちの生活の土台

なのだ、と認識しよう。その中でどうしたら

ゆとりができるのか?考えて行こう。



しあわせ体質の人は、それを自然とやって

いるのです。不幸体質の人は、常に誰かと

比べてないモノばかり見ています。



私は、私の思考癖は「不幸体質」だと

自覚しています。わはは。ですが、しあわせ

体質を希望していますから。

しあわせ体質の人をマネして、思考のチェンジを

日々つみ重ねております。マイペ-スですが

続けていれば効果があるものですね。

これからも続けて行きます。