こんにちは。

「家事って・・・終わりがない」

そう思い、虚しくなる時はありますか?



私は結婚15年目ですが、今でもたまに

こんな考えが浮かぶときがあるんです。

不思議ですね。



家事は、一生おつきあいするもの。



お金や、人間関係と同じく、家事も

一生おつきあいするものであるならば、

上手に付き合った方がいいですよね。



いやだいやだとやるよりも、

もういっそ、家事も楽しいものに

できないだろうか?

(そして、できるだけ減らせないだろうか~家事もどんどん断捨離~)



と考えています。ですから、

日曜日に一週間分の食材の買い出しをし、

その後、下処理&作り置きも済ませて、

平日の食事の支度が軽くなる工夫を

しています。



さらに、日曜日の買い出し・作り置きの

際も、それが苦痛にならないように、

ゲ-ム感覚ですすめるようにしています。

まず、日曜日の食材の買い出し&下処理は



①流れよく、

②無駄を出さず

③時間内に終わらせる



つまり、いかに効率よくできたか?

それを楽しんでやっています。



たとえば、先週末は

・マカロニサラダをつくる

・ゆで卵をつくる

・ハンバ-グをつくる

・ピーマンの肉詰めをつくる

・長いも千切りをつくる

・3種(ナス・エリンギ・しいたけ)のフライをつくる

・豚小間肉を100gずつ小分けして冷凍する



これをやる、と決めました。そして、これら

を効率よくやるにはどうしたらいいか?

考えました。



食材・エネルギ-(ガス・水も含む)を無駄

にせず、後片づけもスム-ズにやるには?

短時間で考え、それから始めます。

(ここに時間をかけすぎないこと。カンペキ

は求めない)



時計を見て、よ-い、スタ~ット!



この日はまず、ゆで卵をつくり、その横で

野菜のカットをしました。この時も、

まな板が汚れにくい食材からカットします。



しいたけ類・ピーマン・ナス・長芋。

マカロニサラダに使うきゅうり・玉ねぎ。

※実はこの日、きゅうりのぬか漬けを

マカロニサラダに使いました。

沢山いただいたので、マカロニサラダにも

使ってみようかな~と。



一番最後は、玉ねぎのみじん切り。



玉ねぎはハンバ-グの種になりますから

いろいろな野菜のエキスが入った方が

効率良し!(持論)なので、一番最後に

しました。



野菜類をカットしながらマカロニを茹でます。

マカロニがゆであがったら、きゅうりとツナ

とあえて、味付けもし、マカロニサラダを

仕上げます。



DSCN1446

(味付けは、すし酢に塩コショウにマヨネ-ズ。ツナ缶は汁も入れます)



次はフライをつくります。

フライの衣付け、私はビニ-ル袋を使います。

ビニ-ル袋を三枚用意して、

①小麦粉

②溶き卵

③パン粉

と別々にビニ-ル袋に入れます。そして、

①小麦粉→②溶き卵→③パン粉の順番に

野菜を入れて、衣付けをします。


DSCN1443

(これはしいたけに小麦粉を付けた所)



DSCN1447

(できあがり~)



袋には、使い切れなかった小麦粉と

溶き卵とパン粉が残っていますが。

それも使い道があります。まず、溶き卵と

パン粉ですが・・・もうお分りですね!

どん。


DSCN1445



ハンバ-グ&ピーマン肉詰めのタネに

使います~。これで余ってしまった卵と

パン粉はキレイに、必要な所へ使われて

いきました。やったね!



※ビニ-ル袋を手袋代わりにし、タネを

こねようかと思いましたが、やりにくく

断念。(;^_^A



小麦粉は、というと・・・


1

(以前の写真)



ピ-マンの肉詰めに使います。

・・・と言いたい所ですが、実はこの日は

小麦粉の使い道に気付かず、無理やり

ひき肉のタネに入れてしまったんです!

く~悔やまれるううううう~笑。

次回は必ず!適材適所で!使い切りますね。



失敗もありましたが、残った衣の材料も

キレイに使い切ることが出来ました。



最後にハンバ-グとピ-マンの肉詰めを

仕上げます。


4

(これも、以前の写真です)



その日と翌日に使う分はチルド室で保存し、

その他、作り置き分はラップして冷凍保存

し、一週間以内に使います。



ここまで済ませておけば、夕飯づくりも

楽ちん!日曜日は夫が夕飯づくりをやって

くれましたが、マカロニサラダに添える

レタスをちぎり、フライをあげて。

ピ-マンの肉詰めを焼けば出来上がり~☆



・・・ちなみにその間、私はお風呂に

入っています・・・



お風呂からあがると、食卓にはご飯が

並び始めています。まだ支度がかかりそう

なときは、私は後片づけを少しでも、

すすめておきます。※食べ終わった後の

片づけは私が担当なのでね。未来の自分の

ために、ここも効率よく。できることを

済ませておきます。



最近、平日の夕飯も夫が支度してくれます。

私の方が帰宅時間が遅いんですよね。

夫もお腹が空いていますから、ここでも

効率よく!夫が率先し、作ってくれます。

空腹は夫を動かす・・・

(は、冗談で。めっちゃ感謝しています。助かりますよね~)



平日はお互い仕事をしていますから、

ほんとうは、夫も私も家事をやりたくない

訳です。だから、できるだけ負担が軽く、

簡単に済む方法を選びます。



家事の分担もそうですし、

メニュ-選びや品数も、使う食器や調理器具

も、お互いの負担が軽くなる夕飯づくりを

心掛けています。



週一の買い出し時には、手をかけずに

食べられる「腸内環境に良いもの」も選びます。

もずく酢や、キムチ。トマト。

お刺身。豆腐に納豆、冷凍のえだまめも

重宝しますね。



こんな感じで、ゆるく。ゲーム感覚で

楽しみながらやっています。うまく出来た時

は達成感も感じられるし、結果も目に見える

ので、



実は家事って・・・やりがいがあるんですよね。



自己表現の場所でもある気がします。

自分で考え、工夫した結果がダイレクト

に自分に返ってきますからね。

誰に指示されるわけでもなく、自分で

自由に!表現できますから。



余談ですが、「野菜のフライ」には

レンコンがおすすめです。


油これだけ

レンコン


夫も大好物!次はレンコンフライも

作ろう。以上、実は家事って自己表現の

場でもあり、その人の価値観が表れやすい

所でもある、と思うららでした。

ありがとうございます。