40代に入る直前、なんか知らないけど

(このままじゃ、マズイ・・・)

そう感じました。



きっと、はじめは気がつかないぐらい、

ちいさな違和感だったと思います。



例えば、それまで居心地の良かった居場所に

違和感を、おぼえ始めたり。

なんか、話が合わないなぁ、と思ったり。

それまで楽しかったことが、あんまり

楽しくないなぁ、と感じたり。

気分が、少し。ざわついたり。



でもま、だからといって何かするわけでも

なく、そのまま過ごしますよね、たいてい。

しかし、40代の入口で感じた違和感は、

スルーする気にもならないほど、

だんだん大きくなっていき、40代に入ったら

ますます増して、



出川哲郎さんなみに、や・ば・い・警報が

ずっと、鳴り響いたのです。



10代から20代、20代から30代に入る時も

やばい!と、焦る気持ちは、ありました。

ところが、30代から40代になる時は、

それまで経験したことがない種類の

「違和感」だったんですよ。



するとその後、下重さんの

女40代いま始める 人生のタ-ニングポイントの過ごし方

と言う一冊の本に出会ったんです。


本


コチラの本を読み、わたしは

「40代の10年間って、めちゃくちゃ大事な

時期ではないか!」と気付き、

「これまでの人間関係とは全く別の場所で、

つながりをもち、新しい経験をしよう!」

そう決意したんです。



と、言う話はこれまでになんどもブログに

書いてきました。これからも繰り返し書くと

おもいます。というのは、48歳の今、


はじめの違和感。
無視しなくて
本当に良かった!



と、心からそう思っているから。

違和感は今も、時々やってきます。

これからも来ると思っています。そして、

違和感はたいせつなメッセージ。なので、

今後も繰り返し、ブログに書いていきます。




(なんか知らないけど・・・・)

(理由はよく分からないけど・・・)

でも、とにかくこのままじゃ、マズイ!

きっと、後悔する。

そう感じるとき、先にも書いたように

私はいつも心が(ザワザワ・・・)します。



ざわざわする、ということは、

今の自分に、どこか違和感があるからだ

と、捉えるようにします。



なにか、違う。。。

周りが、ではなく、私が・・・。

だから「自分を変えたい」。

そう思うのですから。



それまでの焦りは、外側に対しての焦りで、

だから、結婚相手に何かを求めたり。

会社に対して、何かを求めたり。

そうして、自分の周りを変えようとしていた

気がします。



40代の焦りは、わたしがこのままじゃマズイ。

自分に対しての、焦りだったんですね。



初めは小さな違和感。でも、この違和感こそ

真のメッセ-ジでした。違和感は無視しない

方がいい、と言われていますが、

本当にその通り。




ブログを読んでくださっている方の中には、

40代を過ぎている方もいらっしゃる

と思います。あ~あ、もっと早く知りたかった

・・・そう思うかもしれません。

私も、そうでした。



でもですね、どうあがいても20代30代の

自分に戻ることは、できないのです。

できもしない事を、いつまでもグダグダ考えて

いたって時間の無駄です。だったらスッパリ

気持ちを切り替えて、



これから自分はどう在りたいのか?



理想の自分をイメ-ジしてみませんか?

40代に入り、私がイメ-ジした理想の自分は、

早寝早起きして、健康的な生活をしている姿

でした。それはいまや、当たり前の現実と

なっています。



トイレ掃除を毎日して、感謝する姿も

イメ-ジしましたが、それもすっかり現実に

なっています。



これからも常に、自分のありたい姿をイメ-ジし

そこからズレた時に感じる「違和感」。

違和感にも敏感になって、軌道修正しながら

本質そのもの(これが、ありのままの姿)に

近づいていくぞ!と、決めています。