今朝のモーサテ。

テレビのスイッチを入れ、チャンネルを

テレ東に合わせたら。

「NYダウ平均株価
終値が史上初!
3万ドル突破!」

というニュ-スが飛び込んできました。



その後、街中で一般の方にインタビュ-

している様子が映し出されましたが、回答は、



「老後の資金がかつてなく増えた」

「保有資産がここ数日で20%以上増えた」



だったんです。さすが、アメリカ、

個人個人での資産形成の意識が高い!

そう思わずにはいられない光景でした。

同じ質問を日本でした場合、どんな答えが

返ってくるのでしょうか?



もし、投資を始める以前の私が

「日経平均株価が、バブル崩壊後の高値

を更新しましたね!」

と、インタビュ-されたら。



「え?そうなんですか?

(ニッケイヘンキンカブカって、そもそも何?しらない~)

一般人の私には株価が上がろうが、あまり

関係ないので・・・よく分かりません、

実感ないですね。景気がいいなら、会社は

お給料上げて欲しいですね!」



と、答えていたでしょう。

たぶん、多くの方が、これと似たような

答えが浮かぶのではないでしょうか?



そしてこれが、日本人が恵まれた環境で

あっても、しあわせを感じにくい、

「幸福度が低い」原因の一つでもあるのです

よね。



自分の意思で、自分の資産を形成できる!

ということを知らないのですから。

お金の不安は、将来の不安となります。

将来が不安だと、「今ここ」も、不安に

縛られることになります。

だから、しあわせを感じにくくなるのです。



しかし、もし、自分にも資産を増やすこと

ができる、と知ったら。この「将来の不安」

が解消されるのです。



そんなはずない、と思いますか?

実はわたしも、そう思っていたので安心して

下さい。しかし、どうしても老後のお金の不安

から抜け出したかったので、どうしたらこの

不安から抜け出すことができるのか?

その方法を探してみたんです。



その行動の結果、たどりついたのが

「世界経済への長期投資」

でした。長い時間をかけ、コツコツ

つみたてていく、長期投資。ふつうの会社員

の私にもできる、資産形成。

だからわたしは投資信託を選択し、今は

毎月・まいにち・資産を購入しています。



その結果、今現在、老後資金への不安は

だいぶ解消されました!



投資ですからもちろん、リスクはあります。

リスクとは、「不確実性」。

どうなるか、誰にも分からないということ。

それも自己責任の上で納得し、投資をはじめています。



たとえば、日経平均株価もきのう(2020/11/24)

の終値で、26,000円を超えています。

これは、バブル崩壊後の高値更新です。

※トリプルパワ-さんのサイトで、株価に

ついて、書いてくださっていますね。

こちらです。




日経平均株価がここまで上がるとは。

わたしは、まったく想像できませんでした。

ですから、色々な意見を聞いて知識を

増やしていく必要があるのです。



そして色々な意見を聞いて、今の私は、

株価は上がったり、下がったりしながらも、

右肩上がり⤴(世界経済は今後も成長していく)

を信じてみよう、と思い、世界経済の成長に

期待しています。笑。だから、続けられるのです。



いつか私も、街中で

「日経平均株価が、バブル時の3万円台を

突破しましたね!」

とマイクを向けられた時。



「はい、お陰様で保有資産がここ数か月で

20%以上増えました」

と答えられるよう、自分のお金の器を広げ、

備えていこうと思い、行動しています。



これは私だけでなく、身近なたいせつな人や

日本全体が、そう回答できる状態になる!

と、強くイメージしていきたいです。



よだんですが、今朝のモ-サテでは

専門家の方々は、この株高を

「視界不良・実態が見えづらいので要注意」

とも、お話されていました。コチラの意見も

頭に入れておこうと思います。



もう一つの特集、

「株式10倍企業」では「ナカニシ」という

企業が紹介されていましたよ。

社長さんがエネルギ-溢れる方で興味津々。

あとでホ-ムペ-ジをチエックしてみよう

と思います。



防災システム「ドーン」と言う企業も

ちょっと気になりました。



コロナ禍でも需要を伸ばした企業は、

今後、何があっても安定した企業との評価

がされ、財務も安定している企業が多い

そうです。ご参考までに・・・・・。

ではでは。