今日のタイトルは、

わたしの父から、兄へ向けた言葉です。



父と兄は、子供のころから「いい関係」

ではありませんでした。

父は「昭和」な古い人間で、男はつよく!

厳しく!育てなければならないとの考え

でしたから。兄には本当に厳しかった~。



さらに父は酒癖が、若い時はよろしく

ありませんでしたから。

ま、子供にしたらイヤですよね~。

と言うことで、父と兄の関係は私の目には

良いものではなかったです。



父と兄は、真逆なタイプ。

水と油。

だから、うまくいかない。

そう思っていました。



でも、先日。家族で集まり話をしていた時

父が兄に向い、「まず自分のこと!

それから家族のことを考えろ!その他の

ことは、その後だ。俺と同じ失敗は

してほしくない」と話しているのを聞いて、

あぁ・・・父と兄は実は似ていたんだ、と

はじめて気が付きました。



だから、ぶつかるんですね。



そんな父から、兄に向けた言葉には

言葉少なですが、父の愛がぎっしり詰まって

いると私は感じました。



「まず、自分を大事にしろ!そして

家族のことを大事にしろ!

俺は自分や家族のことは常に後回しに

してきた。それを今、後悔している。

お前には同じ失敗はして欲しくない。」



父の言葉を聞いていて、すぐにこれは

「コップの水の法則」だ、と思いました。



自分のコップを水で満たすから、周りにも流れ始める。



自然な法則です。誰かのために何かをして

あげたい、という時も、その法則に従って

やるからいい結果が得られるのです。



しかし、これまではその法則とは真逆の

ことが言われてきました。

まず、周りのことを考えろ!

自分のことは後回し。自分のことを優先する

のは、わがままだ。我慢しなさい。

と・・・。



違いましたね。自然な法則は、まずは自分。

自分のことを心地のいい感情で満たすから

それが自然と周囲にも、伝染していく。

自分と身近な家族を満たすから、

はじめてそれ以外の場所へも、心地いい

エネルギ-が流れていく・・・。



それが、正解。



父の「後悔して欲しくない!」という

セリフは親が子を思うがゆえの、ちょっと

古い考え方・・・かもしれませんが。

それも、コチラの受け止め方次第で何と

でもなります。



自分にとって、必要な部分だけ受け取り、

あとは親の愛情として、素直に感謝すれば

いい。いくつになっても親は親で、子は子。

だから、いくつになっても親の言う事に

反発したくなるけど(笑)。



少し、視点を高くして・・・。

自分にとって、必要なメッセ-ジは

ちゃんと受け取ろう。



深く考える必要は、ない。若い時みたく、

いちいち深刻にならなくてもいい。でも、

親からの言葉はきちんと聞いておこうと

思いました。

兄にもきっと、伝わっていると思います。

今すぐに、理解できなくても。きっといつか

ぜったいに分かる日が来るね。



☆今日のごきげんポイント☆

まず、一番初めに自分を心地のいい気分で

満たそう!自分を満たし、溢れるから

身近な家族にも、それを回すことができ、

家族もごきげんで笑顔になる。



それが十分できた後、もう自分のことより

他の人のために何かをしたいと思えるもの。

これが、自然な法則だそうです。



余談ですが、家族を後回しにして後悔して

いるという父は。いま、母の代わりに台所

に入り家事をし、家計管理もしています。

そういう父を。わたしはやっぱり尊敬して

います。