2021年

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


虹!

(友人が送ってくれた虹、美しいですね)



我が家の2021年のカレンダ-は、

ことしで3年目カオルンダ-です。


DSCN1827


カオルンダ-の表紙には、その年の

スロ-ガンが書いてあります。

2021年は「私らしく生きる」。



私らしさ。

みなさん「私らしさ」が何か?が、明確

になっていますか?

もし、私らしさが何か?わからない、

としても。だいじょぶ。そんな時は

「自分は、どう在りたいか?」

を考えれば、自ずと「私らしさ」に

つながり、答えが出てきます。



私はどちらかというと、「これが私!」という

軸を基準に進むよりは、

「こんな時、自分はどう在りたいか?」

と、途中途中で考え軌道修正しながら、

すすむことがまだまだ多いです。



そうしていくうちに、自分の中で

「私らしさ」が確立されていくような

感覚です。わたしはまだ、人格が備わって

いないので、ものごとを選ぶ時、自分を基準

にして選びすぎると、どうしても「逃げ腰」

になってしまうんですね。



ですので、迷った時のためにも、自分の中

でざっくりでいいので「指針」(方向性)

をイメ-ジしておくと、よりありたい姿

に近づいていけると思います。



2020年の指針は

「自分の心が軽くなる方を選ぶ」

でした。この指針は、2019年の年末に

参加した講習会で聞いたお話から、

イメ-ジをいただいたもの。



2020年、この指針に、何度も助けられました。



そして、2021年の私の指針は、

「品性・品格がある方を選ぶ」。



「品格」「品性」というワードが、年末に

なんどか私の前に出てきたのです。

年末に読みました、コチラの本にも「品性」

というワードに、ビビビ。

DSCN1818


今年は、選択で迷った時など、

「品性・品格がある方を選ぶ」

これを指針にし、方向性を決めていこう

と思います。あ、もちろん「心が軽い方を選ぶ」

も、引き続き大切に胸に秘めて、生活して

いきます。



2021年。どんな年になるのでしょうかね?



一年前は、「2020年はオリンピックだね」

なんて当たり前のように話していました。

しかし、オリンピックは中止になりました。

さらに、自由に海外へもいけなくなりました。

そして今は、その状態が日常になっています。



私たちを取り巻く外側においては、

変わらないものなどないのだな、と

実感する一年でした。



ことしも、目の前にあるいつもの日常が。

いつ、非日常になるのかなど、だれにも

予測はできません。自分の力では、どうにも

ならないことも人生には起きます。



しかし、失うものがあれば、スペ-スが

空きます。空いたスペ-スは必ず埋まります。

ですから、私たちにできることは・・・



「空いたスペ-スに、何をいれるか?」



その選択したことには、「私らしさ」が

モロに反映されると思うのです。ただ、

外側だけ着飾っても、すぐにボロがでます。

とはいえ「いまの私らしさ」に甘んじて、

一歩踏み出す勇気をもたず、その場に留まり

続けている人もまた、魅力がありませんね。



迷いつつ、私らしさに近づく努力は、

いくつになっても楽しみながら継続して

いきたいものです。



渋沢栄一さんの遺された言葉に、

・「仁義」と「道徳」なしで真のビジネスは

ありえない。

・品性なき金儲けは長続きしない。

そして、

物質文明が発達しても、道徳は不変である。

とあります。



つまり、道徳はどれだけ科学が進歩し、

物事が変化しても変わることはない。

ということ。



これだけ目まぐるしく状況が変わり、

情報が飛び交う世の中。どこに向かえば

しあわせになれるのか?迷い不安になった

時こそ「変わらない、たった一つの光」が、

人生には必要です。



それが「私らしさ」であり、その私らしさ

というお宝を探し当てるには、

「ありたい理想の姿」を常にイメ-ジし、

そこに近づけていく行動の積み重ねなんだ

と思います。



ということで!

ことしも、「ごきげんな大人」めざして♪

楽しみながら、ブログを続けていきます。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

すばらしい一年になりますように・・・。

すばらしい一年です!

         2021年1月1日。 らら。