ワタナベ薫さんのブログ、

「美人になる方法」で、

クレカ払いでいつもポイントを持っていく友人

という記事がとても興味深かったので

自分の考えを交え、今日のブログ記事に

させていただきます。



まずは、ワタナベさんのブログ記事を

お読みになって頂けたら、と思います。

ワタナベさんのブログはコチラから!




(全員かわい~♪ぜんぜん話は違いますが、今日は2月22日。にゃんにゃんにゃん。です)



ざっくり書くと、

グル-プ数人で食事をするとき、

いつも一人の友人が、自分のクレカで

まとめて支払い。ポイントをいつも持って

行く友人に腹が立つ、ですね。

※その他でも小さいことで気になることがある、

とも書いてありました。




この記事を読み、

あ。過去の私は、質問者さんがイラついている

ご友人と同じことを(ほんとは、したい・・・)

と、思っていたな~と思い出しました。



20代、30代のはじめはしょっちゅう、飲み会

、食事会をしていました。その際、幹事をやる

ことが、私は割りと多かったです。



企画した人が、お支払いまでやる、

みたいな流れで、です。そのたびに

(クレカで払えばポイントがつくよな~

やりたいな~)と、思いましたよね。笑



でも、当時の私は他人にどう思われるか?

を考えていたので、やりたいけど、でも、

できない~!!!!!もやもや。そっちの

タイプだったかも。笑



でもね、実は、記憶では一度、やったことがあります。(/ω\)



書いていて、自分ってホント器ちっさいわ~

と思います。笑える。悲しいぐらい、笑える。

「私のクレカで払っていい?ポイントが貯まるから🎵

と、言えばいいのに。



なんの戸惑いもなくいえる、質問者さんの

ご友人が、逆に羨ましいぐらい



ただ、薫さんもブログ内で書いていますが、

まとめてお会計をする側にも、リスクが

ありました。



わたし、暗算が苦手なので、割り勘の金額を

間違えてしまったことも、ありました。

1人の金額は、不足分が2000円ぐらいでしたが、

8人ぐらいいたかな?だったので、けっこうな

金額になり、サ-っと。血の気が引く思いを

しました。



一週間後にまた会う機会があり、訳をはなして

不足分を請求しましたが、、、。

気持ちよく渡してくれた友人もいれば、

そうでない友人もいました。私が悪いので、

仕方ないですね、この場合は。



と、お支払いを任される側の背景には、

こんなリスクも、時にはあるのです。

(わたしの場合は、私がバカなだけですがね)



そして、時に

今はお金がないから、後で崩してから

渡すね、というパタ-ンもあります。

そしてたいてい、そのお金は回収できません。

(これも、薫さんが書いていますね)。



けっこう、本気で忘れられちゃうんですよ。

でも、建て替えた方は忘れません!笑

勇気を出して、「この前のお金・・・」と、

言えたらいいけど、言えずに終わることも

何度かありましたね、そういえば。



そんな背景が、「お会計ものがたり」には

隠されています。



そんな事を思い出しつつ、今は?

今は、どうだろう?と考えてみました。

正直、誰かがクレカでまとめて支払って

くれたとしても、ぜんぜん気にならないですね。



私がいま、グル-プで付き合っているのは、

・学生時代の友人たち。

・趣味のお仲間。

ですが、その子たちと飲んだり食べたりする

ときは、いつも割り勘です。



そして、学生時代の友人は私がまとめて支払う

ことが多いのですが、たいていみんな

「細かいおつりはいらないよ~」と

言ってくれます。趣味のお仲間も、みなさん

そうですね。



そんな時は、

「じゃあおつりは、二次会で出すね!」

と言います。



さらに未だに計算が苦手で( ̄▽ ̄;)

なんどか、私が一万円多く出したことも

ありました・・・どうしたらそうなるのか?

理由はやっと解明したのですが、書くと

長くなるので止めますね。



でも、いまは多く出せた事にさえ、

ラッキ-☆と思えるのだから。面白いですね。

大好きなんでしょうね、学生時代の友人達が。



そして支払いは、現金を出します。

お札がお財布にたまっていくのが嫌なので、

集めた現金を、お会計時に出します。



学生時代の友人達と、お金のことで

嫌な経験はありませんね~。

ときどき「細かいのがないからあとででいい?」

という時もあります。そして忘れられること

もありますが、後日ぜんぜん普通に請求します。



何が言いたいのか?というと、

楽な関係だから、お金も躊躇なく

請求もできるし、多く払っても

特に何も思わない、という。



つまり、価値観が近い集まりだ、ということ。




だから、出す立場も、いただく立場でも、

気分を害するタイミングが、ない。



もしも、一緒に食事したりする関係で

お金払いで価値観があわない人とは、

一緒にいて楽しめない気がします。



他にも、いろいろ合わないことが

あると想像できるから。

もしそうだとしたら、今の私はその人と



距離を置きます。



わたしの人生、誰と付き合おうと私の自由。

もちろん、相手にも選ぶ自由があります!

価値観があまりにも違うなら、

選んでもらえないかも、しれません。



ポイントをいつも持っていくことにモヤモヤ。

けっこう奥が深いし、自分に置き換えて考えて、

向き合うと色々見えてきますね~

みなさんは、いかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。