望む未来を手に入れる方法~

それは、



「望む未来の姿を

常にイメ-ジして、

そこへ近づくための行動を、

今、選択する。

そしてそれを、ずっと続ける」



なんだろうな~と思っています。

私自身、40代に入る前。急に焦りを

感じはじめ、(このままじゃマズイ!

自分を変えたい!)と、強く思いました。



ですから、

「10年後、どう在りたいのか?」

望む未来を、強くイメ-ジし始めました。



そしてその時、家計簿ノートの一番後ろ

のペ-ジに書いた「未来予想図」は、

こんな感じでした。

(原文のまま、転記しています)



【一生の目標】

○○(夫の名前)さんと○○(私の名前)、

健康で笑って過ごす。



・いつも、充分なお金、収入があり、

好きな時に好きな場所へ旅行へ行くこと

ができる毎日を過ごしています。



・○○(夫の名前)さんも○○(私の名前)

も、家族、友人、職場の仲間に恵まれて

、充実した仕事ができ、充分な収入を

得ることができています。



【40代の目標】

・投資について知識を高める

・投資を始める



========



30代の終わりに、私はこんなことを

家計簿ノ-トに書いていました。



40代もあと数年ですが、現在の状況は?

チエックしてみると

たしかに、まいにち笑って過ごしています。

ほんとうに、くだらないことで

大笑いしていますね~。



さいきんでは、夫が釣りをするときに使う、

長靴とズボンがくっついて、サスペンダ-

で履くパンツを購入したのですね。



それを試着した時の夫の様子が、、、

子供みたいで、超ウケてしまい、大笑い。

夫もさらに笑わせようとして、おかしな動き

をするもんで、もうお腹抱えて笑いましたわ。



旅行も、この目標を書いた時は自分たちが

沖縄旅行へ行くことも、まったくイメ-ジ

出来ていなかったのですが、、、



これを書いてから、沖縄旅行へ行くために、

マイルを貯めました。そして、貯めた

マイルを使い、2013年の9月に、

はじめて沖縄旅行へ!



ホテル



その時の気持ちが家計簿にも書いてありました。

※当時は、家計簿に一か月の感想を書いて

いたんです。一部書いてみますね。



~もう、沖縄さいこう!

なにごとも経験してみないと分かりませんね。

今回マイルを使い、沖縄に行きましたが

こんなに簡単に、夫と旅行ができるなんて♪

しかも、飛行機に乗って、更に非日常感アップ!


空港



今の私たちにピッタリのリラックス場所を

見つけることができました。

また仕事がんばって、沖縄に行こう!が、

二人の合言葉。夫、ありがとう。


沖縄



今回の旅行で15万円使いました。

たいせつなお金をとても有意義に使えたと

思います。貯めるだけでなく、自分たち

そして、まわりの人たちのためにも使う

ことで、



良いお金がグルグルまわり、また

自分達に戻ってきてくれる・・・



良い使い方ができたな、と思う。

来年は、JALリゾ-トオクマに泊まります!

ワーイ。





と書いてありました。読み返して思いました

が、2013年にはもう、

「豊かさの循環」を知っていたのですな!

何の本で知ったのかな?たぶん、これを

書いた少し前に、



・斎藤一人さんの「人とお金」

・「マーフィ-の法則」

を読んでいたので、もしかしたら

そこから得た知識かもしれませんね。



それと、関係あるかどうか分かりませんが

この年、やたらと「太平洋戦争」関連の

本もよく読んでいました。歴史を知る事は

今に、感謝するきっかけにもなりますよね。



という感じで、

私が40代に入る時に書いた、目標。

・まいにち笑って過ごす。

・旅行。

そして、

・投資について学び実践する。



10年経っていない今で、すでに全部

叶っています。

仕事についても、そうですね。

そうなると、わたしは望む未来を手に

するために、



①目標を決めた。

すると、「アンテナ」が立ち、



②それを達成するための方法を、

キャッチするようになった。

情報源は、主に本からでした。



③半信半疑ながら、実践してみた



④それを記録もしていた



⑤そして、それを今も継続している



こんな感じで、時間はかかりますが、

地道に望む未来へ、コツコツ進んでいた

ということになりますね。



途中、色々ありましたが

今現在、一つずつ、「望む未来」が

叶えられている自分の人生に、ありがたい

なあと心から思います。いまに、満足も

しています。



ただ、もっと望んでも、います。

登りたいんですよね、やっぱり。

人間って、山を登りたいんです。

達成感を、味わいたいんですね。



ということで、わたしはこれからも

10年先、どう在りたいか?

望む理想の姿を常にイメ-ジして、

今の行動を選択していきたいと

思います。\(^o^)/



最後までお読みいただきありがとうございました。