お子さんがいる方は、

お子さんの将来が輝かしいもので

あることを、世界中の誰よりも

いちばん願っていることと想像します。

(私は子供がおりませんので、想像と

なります)。



お子さんの将来が豊かであるためにも、

やはりこれからの時代は「お金の教育」、

わが子のお金のリテラシ-を上げる教育

が欠かせないと、多くの方が感じて

いらっしゃることでしょう。



お金と人生は、どうしても切っても

切れない関係です。

いまの世の中の仕組みが、

「お金と価値を交換する」

そうなっていますから。



だから、どうしても「お金があれば

好きなものが買える」=お金そのものに

価値がある、と多くの方が誤解もして

しまうのです。私も、そうでした。

そしてその思考癖は、いまだに抜け切れて

いません。



お金そのものに価値がある、と勘違い

してしまうと何がいけないのか?



わたしの考えになりますが、

なにを選ぶにもまず「金額」で選んで

しまうのです。



食べるものを選ぶにも、

服を選ぶにも、

仕事を選ぶにも、

もしかしたら、結婚相手を選ぶ時も・・・。



そのものが持っている価値をみるのでなく、

とにかく「お金の額」をみて、ものごとを

選んでしまう。



それでは人は満たされません。

だって、お金があればもっと高いものが

買えますから。



人は満たされないと、また違う何かを

手に入れて、満たされない空間を埋めようと

次々新しい何かを欲しがります。



優先順位が「お金」の欲望には、

たぶん、終わりはありません。



その結果、いつまでたっても満たされず

自分の人生が豊かだと感じられることは

難しくなっていく、と私はそんな風に

感じています。自分自身の経験からも、

そう思いますね。



特に日本人は自分の人生が幸せだ、

満たされている、と感じている人が

他の国と比べても非常に低い、と

言われています。幸福度ランキング、という

デ-タでもそれは証明されていますね。



なぜ、こんなに安心して暮らせる日本に

住んでいながらも、なぜ、幸福を感じられないのか?



ひとつの原因として「お金リテラシ-」

の低さが影響していると思うのです。



特に幼少時代、親からのお金の影響、

お金の教育は、その後の人生に大きな影響を

与える、と言われていますよね。



親からお金の教育?そんなの受けた覚えが

ないよ、と思う方は、私を含め

少なくはないと思います。なかなか

お金の話を親は子供にはしませんしね。

むしろ、子供にはお金の話はしない方が

言い、そんな風に思う親の方が多いかな?



ところが、実は私たちは子供のころから

お金の教育を親から受けていたのですよね、

そのひとつが、「お小遣い」です。



みなさんはお小遣いをどんな風に親から

受け取っていましたか?

おこづかいの受け取り方法には4つある、

とこちらの本には書いてあります。


DSCN2154

わが子が将来お金に困らない人になる「お小遣い」のルール [ 村田 幸紀 ]

価格:1,650円
(2021/7/25 06:01時点)
感想(0件)




「おこづかいのあげ方・4パタ-ン」

①定額制

②報酬制

③都度払い

④なし



それぞれのパタ-ンによって、大人になって

からの職業やお金の使い方にどんな傾向が

あるのか?を、本の中で解説して下さって

います。



本を読み、改めて、

やっぱり早いうち(できれば小学生低学年)

からお金リテラシーを上げる教育が

大事なんだなぁ、と思いますねー。



あ!でもでも、

「タイミング逃した~」

「うちの子、もう中学生だもの!」

と言うかたも、安心してください。



何歳からでも、お金の教育は始められる!

と、コチラの本にも書いてありましたから。



お小遣いのあげ方のパターンと、

その後の人生への影響は、すべての人に

当てはまることではないとおもいますが、

傾向としては、大きくずれていないのでは?

と感じましたね。



非常に興味深かったです!

※ちなみに私は、ズバリ当てはまって

おりました・・・( ̄▽ ̄;)



本の中では、著者である村田さんが

実際三人のお子さんにしてこられた

「わが子のお金リテラシ-を上げるお金の

(もらい方)

(使い方)

(貯め方)

(増やし方)

を教える方法」

について、詳しく解説して下さっています。



それ以外も全体的におもしろかったです。

中でも個人的に興味深かったのは



・「驚くほど稼いでいるのにお金がない人と

平均的な収入なのにお金持ちになった人

の決定的な違いが、お金をコントロ-ル

(把握→区別→管理)できたかどうか」



・「40歳前後で「今すぐ使えるお金」を

2000万円以上持っている人の

共通点」



あたりですね。またおいおい、本に触れ

ながら感想など書いていこうと思います。

DSCN2155

わが子が将来お金に困らない人になる「お小遣い」のルール [ 村田 幸紀 ]

価格:1,650円
(2021/7/25 06:01時点)
感想(0件)



今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。