50歳から、

「老後も豊かに暮らす」ために、

はじめて、自分の老後のお金について

考えだした、という方へ。



まず、おすすめしたいのは、

ねんきん定期便をチエックしよう!

ということです。



ねんきん定期便とは、毎年誕生日月に

日本年金機構から送られてくる、これです。


DSCN2185


50歳を超えると、それまでとは異なり、

「老齢年金の見込み額(65歳時点)」と、

「老齢年金の見込み額(70歳まで遅らせた場合)」

が通知されるようになります。

50歳を超えた夫のねんきん定期便は、

こんな感じですね。

DSCN2188

付箋で隠してある部分に、見込み額が

表示されています。65歳から受け取り予定の

見込み額が数字で表示されますから、

かなりリアルに年金をイメ-ジできるよう

になります。



40代までは、

「加入実績に応じた年金額(今年)」

でした。



65歳時点の年金額は表示なしです。

コチラ、私のねんきん定期便となります。


DSCN2186


50歳を超えますと、年金見込み額が

表示されますから、まずはこの通知で

自分が受け取る金額を頭にインプット

させておくことをお勧めします。



さらに、年金の受け取りを70歳まで

遅らせた場合の見込み額も、あわせて

チエックします。



ポイントは、年金受給を70歳に遅らせると、

最大42%年金額が増加するんだ、と

いうことです。



2022年4月からは、年金の受給開始時期は

75歳まで伸びる予定です。10年遅らせると

84%増えます。



ここでは、

年金のひと月の受給額は、

年金の受け取り時期を遅らせると、

年率8.4%で増やすことができる、

と覚えておきましょうね♪



たとえば、65歳時点での老齢年金の見込み額が

150万とすると、ひと月12.5万円ですが、

70歳まで遅らせた場合→150万×1.42=213万円

ひと月にすると→213万÷12=17.75万円。



ひと月の年金受取額が、

5万2500円も増えます。



さらに、75歳まで遅らせるとどうなるでしょうか?

150万×1.84=276万

276万÷12=23万円



ひと月の年金受給額が、65歳と比較して

10.5万円も増やすことが可能となります。



あくまで見込みです。が、とはいえ大きな努力

なしでも、これだけひと月のねんきん受給額を

増やすことが可能なんだ、と知っておくだけ

で、老後のお金の心配って軽減されると

感じませんか?私は感じましたね。



50歳になると、とたんに「年金生活」が

身近に感じられるようになります。

更に未知の世界の話しなので、

余計不安を感じますよね。



そんな中で、多くの方が可能となる、

年金受取額を増やせる方法がある、と

知っておく。さらに、明確な金額も

把握しておくことで、50代でなにをするべき

か?が見えてくるのではないかな?と

思いました。



まずは、自分の現状把握から。

ぜひ、ねんきん定期便チエックされてみて

くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。