みなさん、大切なお金をどのように守って

いますか?私が最近経験した

「お金を守る」方法について、今日はひとつ

シェアしたいと思います。



預金の残額が保証される「決算用預金」がある!



少し前に、知人とお金の管理について

話をしました。



その際、私から

「銀行に預けておくのであれば、

ペイオフ制度が適用されるように、

預け入れの額は、一銀行1,000万円

までとしたほうが良い」

とお伝えしました。



※ペイオフ制度とは、預金保護制度のひとつ。

金融機関ごとに、
預金者一人当たり元本1,000万円まで
と破綻日までの利息等が保護。
(金融庁ホ-ムペ-ジより)



しかし、知人は、今より銀行口座を

増やすことについて、

後ろ向きな様子でした。



わたしもできればお金の管理はシンプル

にしたく、銀行口座を増やしたくない派

なので、知人の気持ちも分かります。



銀行口座は増やさず、

預金を守るには?

どうしたらいいかな~と思っていた所、



預金の全額が保証される、

「決算用預金」

というものがあることを知りました。



ただし、決算用預金とは、

利息の付かない当座預金と普通預金のこと

です。そう、利息がつきません。



当座預金は主に企業が支払いのために

利用する口座です。



利息の付かない普通預金は、地方銀行でも

取り扱いがあり、一般の個人でも利用できます。



ただし、繰り返しになりますが、

決算用預金は、利息が、付きません。

しかし、万が一銀行が破綻しても

全額保証されます。



ちなみに今現在の普通預金の金利をご存知でしょうか?



0.001%です。



1000万円預けていたとして、一年後に

増える額は100円。

そこから税金が20.315%ひかれます

ので、実際の受取利息は、80円。



仮に3,000万円をあずけていたとすると

240円ですね。

もちろん、240円も大事なお金です。

が、この場合何を優先するか?を考える

必要があります。



知人の場合、お金を増やすことが目的では

ありませんでした。

使う予定があるお金を、使う予定がある時

まで、守っていく。これが目的でした。



もし、「お金を増やす」ことが真の目的で

あるとしたら・・・。

わたしだったら、証券口座に入れておきます。



目的ごとに、お金を置く場所をわけて

管理します。



彼女の場合、

・お金を守りたい。

が目的で、

・銀行口座は出来れば増やしたくない。

という考えだったので、そうであれば

「決算用預金の普通口座」で保管する、

というのも一つの選択肢になるかな、と

感じました。



========



これまでお金の本をたくさん読んできて

「お金には6つの力・原則がある」

ということを知りました。



①貯める
②稼ぐ
③増やす
④守る
⑤使う
⑥向き合う



今日は、その中の「お金を守る」

について、シェアさせていただきました。



豊かな人生を歩いて行くためにも、

お金の6つの力・原則を学んでおけば、

それは、進むべき道を照らしてくれる、

協力な味方になる、と信じています。



私自身、まだまだ力不足で、うまくいかない

ことの連続です。日々勉強中です。

ただ、失敗を経験しながらも、そこから学び

を得ることで、次に進むときの知恵になり、

以前よりも悩む時間や、迷う時間が圧倒的に

減っている事は、小さくも体感しています。



ブログでは、私の失敗と成功の経験から

学んだ事、得た情報などをシェアして

いきたいと思います。最後までお読みいただき

今日もありがとうございました!