50代から考えておきたい「お金の基本」

貯金、そんなにないんですけど、

老後のお金、だいじょうぶでしょうか?

DSCN2350

という本を読みました。

本の登場人物は、定年間近(現在58歳)の

「青山」「赤坂」と、ファイナンシャル

プランナ-の「南」の三人。



三人は同級生ですが、マネ-ライフはだいぶ

違っています。中でも「青山」と「赤坂」は

同じ会社員ですが、

年収・貯金額・金銭感覚・家庭問題など、

あらゆる点で好対照をなしています。



そんな二人が、それぞれ老後に対して抱く

リアルな不安に、FPの友人(南)から

アドバイスを受けながら

答えを導き出していく、会話形式の本に

なっています。



お金の答えって、年収や年齢、生活スタイル

などによって、ひとそれぞれ違いますよね。



この本は、収入や資産、お金の使い方が

異なる58歳の二人がそれぞれ質問し、その

答えを導きだしていくスタイルとなっています。



ですから、「あ、これは自分のことだ」と

共感できる、自分に必要な答えを見つけられる

かもしれませんね。



=====


本の中で気になったのが、

お金を失う心理のワナ!

ギャンブル依存症が意外に危ない、

という話です。



お金を失う心理のワナ、としてギャンブル

があげられていたのですが、定年後に

ギャンブルにはまる理由に、

「大金+孤独」とか

「大金+無趣味」みたいに

大金と別の要素が結びつくと、

ギャンブルに手を出しやすい
、と

書いてありました。



ようは、孤独のさみしさを埋めたくて、

とか。時間をもてあまして、つい気軽に

できるギャンブルに手を出してみた、とか。

そこからのめり込んでしまう、という

パタ-ンですね。



ギャンブルを楽しむ、というレベルを超え、

「ギャンブル依存症」になってしまった。

その結果、退職金を使い果たした上に、

借金まで作ってしまった、という例を

あげています。



こういう話を聞くと、「いやいや、自分は

絶対に大丈夫、そんなことない」と思うかも

しれません。しかし「ワナ」ですから。

絶対にワナにはかからない!と思っていて

も、ワナにかかる人、たくさんいますよね。



ですから、予防策として

どんなワナがあるのか?を知っておくこと。

そして、自分も罠にかかる可能性はゼロでは

ない、と自覚しておくこと。ここが非常に

大事だな~と思います。



ワナがどこにあるのか?知っていれば、ワナを

さけることができますし、ワナにはまっても、

ヤバいぞ、と気づくこともできます。

ヤバいっと気付けば、そこから逃げよう、

抜け出そう!とできますからね。



本にはギャンブル依存にはまらないための

対策も書いてくださっています。

対策法は、

コミュニティを複数つくっておくこと

だそうです。



同窓会でも、趣味の会でも、ボランティア

サ-クルでも、なんでもいいので

コミュニティを、複数つくっておく。



それが、孤独から距離を置くことになり、

時間を持て余すことからも、距離をとる

ことになります。



そうなんです、先にも書きましたが、

「依存症になりやすいことから、

距離をおくこと」なのです。



近づかないこと。これが一番!



孤独でなくても、つい友人から誘われて、

はじめていったパチンコで大当たりして

しまい、その興奮が忘れられなくて・・・

ギャンブルにはまってしまう人もいます。



パチンコに行かないと、そわそわ。

イライラ!



行きたくないのに、行かずにいられない、

となると、それはもう病気です。



依存症は病気なので、専門医の治療が必要

となります。できるだけ早めに。



ただ、自分では依存症だとは、なかなか

分からないのですよね。



実は私には身近に、ギャンブル依存症と

アルコ-ル依存症がおりましたので、

依存症がどんなものか?リアルに見てきた

経験があります。



自分では、抑えが、きかないのです。



まだ「仕事」があるうちは、仕事で時間を

つぶせます。が、仕事がない休日や、仕事の帰り

につい行ってしまう、飲んでしまう、という

場合。



それは、かなりの危険信号だと思います。



ギャンブルやお酒が理由で会社を休むよう

になるのも、危険・・・。

ギャンブル・お酒が中心の生活になっていて、

生活習慣が激しく乱れている可能性が

ありますからね。



依存症って、単に

お酒が好き!とか。

ゲ-ムが好き!とか、

ギャンブルを楽しむ♪とは

全然違います。



たぶん、楽しくはないんじゃないかな?

それができないと、ものすごくイライラする

とか。一瞬の興奮が、イヤなことを忘れさせて

くれるから、とか。そんな気持ちの方が強いの

ではないかな?



依存症は、病気です。早めの対策がほんとうに

大事です。


======


孤独と、無趣味が依存症につながりやすい、

のであるならば。



50代から、老後のことを考える時は

これまで仕事に使っていた「時間」を

老後、どう使っていきたいのか?について

考えていく必要がありますね。



会社員は、通勤時間も含めると一日の大半

を仕事に使っていますから。

その時間が、ぽっかり空くのです。



旅行に行きたい、とか。

好きなだけ趣味に時間を使いたい、

とか。色々考えている方もおられる

と思います。楽しみですね!



そのやりたいことは、ひとりで?

それとも、配偶者と?

友人と?兄弟?お子さんと?



だれと、老後も楽しい時間を過ごしていきたいのか?



その辺の現状も、そろそろしっかり把握し、

もし、その部分がうまくいっていないと

感じているのであれば、人間関係のつながり

も、見直していく必要があるかもしれない

ですね。



いま、しあわせだと思う瞬間を思いうかべる

と、やっぱり、自分が心から楽しいと思える

ことをして、それを自分以外のだれかと、

共有している時なんですよね。



老後に必要なのは、お金と筋肉と、そして

仲間!と言われていますが、本当にその通り

かもしれませんね。



50代からなら、まだまだ新しい関係も

作っていけます。家族との関係も、見直す

時間はまだまだあります。



定年して時間が有り余ったら、何をしたい?



私も、もっと深くリアルにワクワクをイメ-ジ

していこうと思います。

DSCN2351

今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました♡