「私はいま、50代に入ったばかりです。

これから老後のために資産形成を

はじめようと思いますが、

何から始めたら良いですか?」



この手の質問を、さいきんよく目に耳に

します。



※これは、私のアンテナが

「50歳からの資産形成、資産運用」

になっているから、それに関する情報を

キャッチするようになった、という

ものすごい、シンプルな現象です。



この問いに関する答えは、いくつかの

ステップに分類されます。



ちなみに私が拾っている回答は、

資産形成に詳しく、またその道で結果を

出している方の回答です。

たとえば、経営者、FP、経理会計、

投資家さん、などなど。



50歳から資産形成をはじめよう、と思ったら

まずは何から始めればいい?の回答は、

簡単に言うと、



「資産形成の道に、ちゃんと乗れているか?

確認しよう。乗れていないのであれば、

軌道修正しよう」



そのためのステップを書いてみますね。



①今の家計(収入・収支のバランス)

を把握し、無駄な支出は徹底的に

見直しましょう。

いま、どれだけの収入で、毎月の支出は

どれぐらいか?把握はできていますか?

把握できていなければ、家計の中身を

明確にします。



そして、無駄を徹底的に省き、生活コスト

をさげましょう。そうすることで、生活

するために必要なお金も、少なくてすむ

ようになります。



今、毎月収入の全額を使い切り、ギリギリ

な生活をしているけど、老後生活に入ったら

年金だけで暮らしていきますよ、と考えて

いる方もいらっしゃるかもしれません。



ですが、それはあまりにも無謀です。



今、ゆとりある生活でないならば、

老後もたぶんゆとりある生活は難しい

でしょう。



それを望んでいないのであれば、

ゆとりある暮らし方を、現役世代の今から

身につけていきましょう!



②老後生活にいくらかかるのか?

老後の収入(年金受給額)がいくらになるか?

把握しよう。


不安不安といいながら、その不安をぼんやり

としたまま放置している人。ものすごく、

多いのです。



現実を見ない事には、解決策も見つかりません。



まずは、「老後生活」をシュミレ-ションして

みましょう。



そのためには、ざっくりでいいので

①老後生活にいくら必要?

②終身年金はいくらもらえる?

このふたつを把握しましょう。



10年以上も先のことなんて、わからないよ

と思うかもしれません。たしかに・・・。

でも、指標となるものがないことには

先にすすめません。



今、実際老後生活をされている方の生活費が

いくらなのか?知っておくと、ある程度の

目標が定まるので良いと思いますよ。



ちなみに、2019年総務省が出した

家計調査報告によると、老後の生活費は、

夫婦二人暮らしの場合、約27万円。

単身者の場合、約15万円。

となっていました。



ただし、この金額には住宅費は含まれて

いません。持ち家で住宅ローンが終わって

いる、という前提。



いっしょう、賃貸で暮らすことを考えている

場合はここに家賃がプラスされます。



③ねんきん収入はいくらになるのか?把握しよう。

次は、終身年金の受給額がいくらになるのか?

把握しましょう。

これは「ねんきん定期便」に書いてあるので

お手元のねんきん定期便をチエックしてみて

くださいね。


DSCN2188



④ねんきんで足りる?足りない?見極めよう。

老後の生活費と、年金受給額がわかると、

ほんとうに年金だけで足りないのか?

それとも、実は足りるのか?が

わかりますよね。



⑤年金だけでは足りない場合。

不足分をどう補うか?考えよう。


もし、年金だけでは足りないよという答えが

でたら。不足分をどうやって補うのか?

考えよう。



回答例を書いてみますね!

・貯金を取り崩す。

→これまでためた貯金と、今後定年まで

貯めていく貯金。退職金があればそれも

使って、不足分を補う。



・もっと生活コストを低くする方法は

ないか?検討する。

→実家の家族と一緒に住むことで、住宅費

を低く抑えることもできますね。

または、家賃の低い場所へ引っ越すことも。



・労働収入を得る期間を延ばす。

→再雇用制度を利用し、今の会社で雇用期間

を延長することも考える。



・老後も月に5万円ぐらい稼げるスキルを

50代の今から、身につける。


→趣味を極めるなどして、月に3万~5万位

稼ぐ方法を考える。



・資産運用して、お金の寿命を延ばす。

→使う予定のない貯金があるのであれば、

その一部を長期で運用し(インデックス投資

がおススメ)お金にも働いてもらう。

そして、お金も長生きさせる、という考え方

を身につけること。




まずはこんな感じで、老後の資産形成へむけ、

土台を作ります。ここまでは、基礎部分。



そしてここから、さらに自分だけの

オリジナルの人生を作るには、

「私はどんな風に、60代70代80代90代を

過ごしていきたいのか?」

を、明確にすることです!



そして、そのオリジナル人生に必要なお金は

いくらなのか?を、明確にして新しい目標を

作っていくのですね。



ほんとうは、この部分を一番初めにやった方が

がいいのかもしれません。が、

これまで自分の老後のことなど、考えたく

なかった・・・という人にいきなり

「あなたはこれからどんな風に生きたいですか?」

と聞いても。すぐに答えは出ないと思うんです。



その答えを探しているうちに、時間は

あ!

ッ、という間に過ぎて行きます。




だから、簡単にできることから。とっとと

はじめた方が効率が良いのですよ。



ステップを踏んで、ひとつずつざっくりでも

良いので答えを出していくとね、、、

そのプロセス自体が楽しくて。それが、

自分のちいさな自信にもなっていくのです。



これは、オンラインサロンで教えて頂いたこと

ですが、資産形成も実は目的の金額を達成する

ことが目的ではなくて、(目的だけどね)

それ以前に、まず、プロセス楽しい!



プロセスを楽しむことが、実は本当の目的で

あったりもする、と。お話されているのを

聞きました。



楽しいんです、資産形成って。

でも、楽しいことだけじゃなくて、中には

めんどくさいこともあります。

それをクリアするから、自信にもなるし、

楽しいとも思えるのですね。



そうやって、前向きな行動をしていくうちに

自然と「私は今後、どんな風に自分の人生を

生きていきたいのか?」が分かってくるもの

なんですよね。



ということで。

50歳からはじめて資産形成をしよう!

と思っても、いきなり投資!というよりも。

まずは、今の自分を見直して、資産形成の道

からズレていたら、軌道修正していこう。



資産形成の道からズレていたら、そのまま

進んでも、良い結果にはつながりません

からね。



私もコツコツ。やっています。\(^o^)/

今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました♡