「他人と比べない生き方」

という言葉に、違和感を感じる今日この頃。



いや、できればそう在りたいと思っています。

他人と比べることはないなー、と言える人を

否定しているつもりはなく、単に私がその

セリフを発することに、違和感を覚えるのです。



例えば昨日、母とスタバに行ったんですね。

注文の列で、私は女性の後ろに並びました。

ふと、その女性の横顔が目に入った時、

その方のお肌が、もうね、もうね、もうね、

透き通るようなお肌♡だったのです。

マスクから出ている一部分でも、美しさが

伝わってきました。それを見た瞬間、私



うぉッ!肌、メッチャキレイ!いいな~♡



と、浮かんだのです、脳裏に。

ちなみに私は若い時からずっとニキビに

悩まされ、肌がきれいだと思った時期は

まったく記憶がございません。



ですから、お肌がきれいな人がほんとうに

昔から羨ましいのです。



スタバで前に並んだ方のお肌を「キレイ!」

と思った瞬間。わたしは無意識で、

じぶんの肌と比べて、そう思うのです。



これは別に悪いことじゃなくて、

人は必ずこんな風に、何かと比較して

物事を判断しているそうなんですよね。



だから、比べるな、って言う方が無理。



それなのに、比べちゃダメ、と考えるから

余計そこが強調されていくので、尚厄介です。

ですから、比べてしまった時が付いた時は

「比べちゃうよね、人間だもんね」と、

それが自然なことなんだな、とサ-っと

受け流す。



その方が、ずっと楽です。



そして、できるのであれば

「お肌メッチャキレイですね!羨ましい~」

など、素敵だな~と思うことは言葉にして

素直に相手に伝えてみるのもおススメです。



これをすると、自分だけで抱え、隠し続けて

きた自分のダメな部分、嫌いな部分。

そんな大切な自分の一部も、すこしだけ

さらけ出すことができるようになります。



自分の嫌な部分、隠したい部分って、

必死で演技して隠してきた、じゃないですか?

私は若い時、そうでした。



ダメな部分も、自分の一部と認めることが

出来ている人は、隠さず言えるんですよね。

悩んでいることも、信頼できている人には

「こういうことで悩んでいるの。解決法

知ってる?」と聞ける。



(素のまま、素に近い位置で生きられる人は

素直ですよね)。



わたしは、自分のことを信頼できていないので

そういったことが苦手でした。



だから常に一人で周りと比べて

比べすぎて、もっと自分が嫌になって

疲れていましたね~。(;^_^A



つらつらと書いてしまいましたが、

基本、人は誰かと比べるものなんだな、

と認識しておくと、つい周りと比べて

自分の劣っている部分にフォーカスして

モヤモヤが膨らんでしまったときも、



「あ。別に比べてもいいんだ」



と思い出すことで、ガス抜きができます。

溜まっていたガスを抜くことで、気持ちも

軽くなれます。



もうひとついいのは、周りの人の素敵だな

と思う部分を言葉にして伝えることは、

「言霊」

にもなりますよね。



自分が発した言葉の影響をいちばんに

受けるのは、自分自身です。



だから、他の人を褒めた言葉も、自分に向けて

放っている事にもなります。

他の人を褒めると、その波動の影響も実は

私も受けることになるのですよね。



ぎゃくに、羨ましいと思っているのに

それを認めないと、、、どんな言葉を発する

ようになりますでしょうか?



その言葉、その影響を受けるのは、自分です。



そんな感じで、人と比べてもOK!ただ、

比べすぎて、拗ねたり、こじらせるのはやめよう、

ということは、忘れずにいたいなと思う

今日この頃です。



今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました♡