先日。夕飯の席でのこと。

ひょんなことがきっかけで、夫と

ねんきん受給開始時期について、

お互いの意見を交換することができました。



初めに結論から書きますと、

夫→受給可能開始年齢になったら、すぐに

受け取る。

妻→最大繰り下げ受給可能年齢(現在は70歳。

来年春からは、75歳に)まで受け取らない。


となりました。



二人の意見、まるで噛み合わない。

ぜんぜん違う~。面白かったです!



では、話の流れを、少しだけ詳しく

書いて行きますね。



まず、お互いの

【ねんきん受給開始希望時期】

を確認しました。

夫→

年金受給開始年齢になったら、すぐに

受け取りたい。

妻→

繰り下げ受給をしたい。



それぞれ、それを選ぶ【理由】も確認。

夫→

・何十年も保険料を支払ってきたのだから

早く受け取りたい。

・死んだら受け取れない。損したくない。



妻→

・老後生活に入った時、安心して暮らすために

「終身年金」の額を増やしておきたい。

※繰り下げ受給をすると、毎月の年金受給額

が増えます。





・もし、受給前に死んでも、その間受け取れた

はずの年金は家族がもらえるから、それでよい。

(残された家族が申請しないといけないので、その辺もメモに残しておく必要あり!)



以上、私たち夫婦それぞれの意見でした。

ざ☆真逆。笑



ま、夫婦と言えど別々の人間。

価値観が異なる部分があってもいいと

思っています。といいますか、

そういうものですよね。


今回のような話であれば、お互いの意見を

それぞれ尊重すればいい、と私たちは

判断しました。



最終的な会話はこんな感じに・・・

妻:「じゃあ、あなたは年金受給開始年齢

になったらすぐに受け取って。

それを使っていけばいいよね。



わたしは、ねんきんは最大繰り下げ年齢

まで伸ばして、年金受給までの間は、

貯金や運用してきた資産を使っていくよ。



でもって、一番重要なことなんだけど。

わたしはできる限り、自分で稼ぐつもりで

いるよ。一生稼ぎ続ける」。



夫:「了解~♪おれも、ずっと家にいるのは

いやだな~何かしていたいな~」



妻:(・・・それって、釣り?ま、それで

その日食べる魚を釣ってきてくれるなら

最高かも!)



そんな感じで、ねんきんの受給開始時期に

ついての、意見交換は終わりました。



なかなかこう言ったお金の話しって

夫婦でする機会がないかもしれません。

ですが、お金は人生の土台部分です。



だから、その辺りの自分の価値観や考え方を

言葉にして、家族に共有しておくことは

豊かな人生には欠かせない行動だと

わたしは感じています。



50代は、老後も身近な問題になってきます。

老後生活が上手く行かない理由の一つに、

かならずお金のことが、入ってきます。

早め早めに、家族と情報共有をして

豊かな時間を送れる環境。作っていきたい

ですね。



今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました♡