お金がない。

お金が欲しい。

でも、お金のことは考えたくない。

めんどくさい!



と思う人は多いと思います。

私もそうでした。



お金が欲しいのに、

お金の話題を避け、

お金の勉強も、めんどくさい!やりたくない!

と思う。



それは、なぜでしょうか?



さいきん知った、

「日本人がお金の勉強が苦手な理由」

に、妙に納得できた話があったので、今日は

それを書いてみます。



日本人がお金の勉強が苦手な理由



それは

「お金について、義務教育で学ぶ機会が

なかったから、お金の勉強に慣れていない」



~慣れていない~

これを読んだ時、妙に納得したんですよね。



なんでもそうですが、経験がないことって

ものすご~く、めんどうに感じるじゃない

ですか。やったことないのに、

「そんなのやっても無駄だ」とか。

ああだこうだと言い訳して、けっきょく

やらないのです。



わたしの場合、最近の話しですと、

格安スマホへの乗り換えですね。



20代ではじめて携帯電話をもってから、

ドコモひとすじ!でした。

携帯電話会社を変えたことがないんです。

だから、慣れていないんです。



これじゃ、めんどくさくなって、当たり前ですよね。



慣れていないことは、めんどうに感じる。

お金の勉強も同じ。慣れていない。

だから、みんなやらない。

お金のことを学ぼうとしない、とお話されて

いました。



たとえば、英語を勉強しよう!と思った時。

英語の基礎である、文法をしっかり覚える

と習得が早いよ!と知ったとします。



これ、理解できますよね。イメ-ジも、

できますよね。なぜならば、義務教育で

英語の勉強したことがあるから。すでに

経験があるからです。



だから、自分にもできそう、って

思えますよね。だから、やりますよね。

続くかどうかは別として、やれますよね。



ところがお金は、

「家計の収支を把握しよう。

資産と負債を洗い出そう」

と書いてあったとしても・・・。



収支って?なに?

資産?負債?



言葉の理解から始まります。そして、

「なんか難しそう、なんかめんどくさそう」

となって、学ぶことをやめてしまいます。

お金の勉強に、慣れていないから。



私も初めはそうでした。

言葉の意味がぜんぜん理解できなくてね。

やめたくなったことも多々・・・。



でも、いまは意味が分からない言葉は、

その都度スマホで調べればすぐに出てきます。

分かりやすく解説してくださっている

ブログやYouTube、書籍もたくさん

でています。勉強しやすい環境が整っています!



そして、勉強する時の注意点は、

一度で覚えられるとは、は思わない事です。

慣れない言葉を、一度で覚えられる人は

天才です!



私など、何度聞いても何度読んでも

頭に入ってこないことなど、もうたくさん

あります!



自分は凡人だな、と思うのであれば、

一度で覚えるのは、無理。

覚えるまで、つまり慣れるまで。

なんども繰り返し、調べましょう。



慣れるまで、続ける。です。



そこがクリアできれば、楽しくなってきます。



・・・ただ、それでも続かない人も中には

いると思います。

それにも、理由があります。わたしが思うに、

お金の勉強が続かない、いちばんの理由は、



「動機が弱い」



になると考えます。特にお金は、お金を

もっと欲しいと思う、真の目的が

「お金そのもの」ではないからです。



わたしが「もっとお金が欲しい!」と

思った、本当の理由。いちばん初めは、

ほしいものを、お金を気にせず、

好きなだけ買いたい!でした。



その後、「将来の安心」を手にしたくて、

お金が欲しいと思いました。



ぜったいに、老後お金で苦労したくない!

と、心の底から思ったんです。

わたしはぜったいに、老後も好きなことを

して、自由にたのしく暮らす!と。



この動機がかなり強く、慣れないお金の勉強

をはじめることができたと思います。



つまり、義務教育で学ぶ機会がなかった

ことについて。大人になってから学ぶ時

は、「動機」も、非常~に大事なんです。

ですから、動機を明確に!もオススメします。


=====


今の世の中、やりたい事を叶えるには、お金

と交換する仕組みにあります。

世の中の仕組みがそうなっている以上、

お金の勉強はやっておくべきです。



仕組みやル-ル、正しい使い方を

学ばなければ、そりゃ、お金の貯め方も、

稼ぎ方も、増やし方も、使い方も、

守り方も、そして向き合い方も。

上手にならないですよね・・・。



お金は、生きていく上で必ず関わる、

人生の土台部分になっています。



それなのに、義務教育では教えてもらえない。

だから、私たちはお金に慣れていない。



いまより豊かになりたいなら、早めに

お金の勉強と、

お金に、なれちゃいましょう。



わたしがお金の勉強に慣れるために

してきたのは、まずは本を読むこと。

自分で手に取って、興味が持てた本から

読んでいくこと。



はじめはめちゃくちゃカンタンな本でした。

食費一か月2万円!とか、そういった本から

はじまりましたよ。



お金そのものに慣れるためにしてきたこと

は、先日記事にも書きましたが、

「お財布に年齢分の一万円札を入れる」。

でした。



ほかにもあるので、これからも書いていこう

とおもいます。長くなりましたが、

今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました♡