11月ですね。

年内にやらないと、期限切れになるものは

ありませんか?



たとえば、ふるさと納税。

ことしの寄付枠、残っていませんか?

残っている方は、早めに寄付しましょう。



なぜならば、ふるさと納税の

「ワンストップ特例制度」には

申し込み期限があるからです。




ワンストップ特例制度の申し込み期限は

1月10日(必着)です。



年末ぎりぎりに寄付をすると、申し込み

期限に間に合わないかもしれません。

もし間に合わなくても、自分で確定申告を

して「寄付控除」を受ければ大丈夫です。



が、

申告を忘れたら・・・税金が戻ってきません!

( ̄▽ ̄;)ご注意を~。



年内にやりたい事と、

年内にやらないと期限切れになるものは、

分けて、To Doリストを作成すると

いいですね♪



さて。特に期限は決まっていませんが。

年内に把握しておきたいことのひとつに、

おうちの資産総点検!

があります。



詳しくは、両学長さんのYouTubeを

ご覧ください。






ざっくり説明しますと、現状の

「資産」と「負債」を洗い出し、

2021年時点での、わが家の資産は

どうなってるのか?を正しく把握しよう!

というもの。



なぜこれをするのか?ですが、実はこれが

お金持ちになるファーストステップ

になるのだそうな。



資産と負債を洗い出し、そのバランスを

明確にすることで、

①家計の強みと弱みがわかる。

②今後どこを改善し、どこを育てていけば

いいのか?が見える。


=お金持ちになるための戦略を立てやすくなる!



そうです。それからもし、プロに相談する

場合もここを明確にしておくと、的確な

アドバイスを受けやすくなるそうですよ。



と聞いて、

別にプロにアドバイスもらう必要ないし・・・

と、私と同じことをお考えの方。

いらっしゃいましたか?



自分のことは棚に上げてなんですが、

決してそんな風に、思わないでください!



私たちが目指しているのは、豊かな人生

でした。それにはやっぱりある程度のお金が

必要です。それには、ちゃんと現状を把握し

正しいお金持ちへの道を進まないと、

望む場所へはたどり着けませんよね。そう、



正しい現状認識こそがすべての土台!でした!



ついでに・・・将来プロのFPや税理士に

お世話になるぐらい、金融資産が増えた自分

もイメ-ジして。( *´艸`)



まずは、目の前のベイビ-ステップを

コツコツ重ねて行きましょう



ということで、資産の洗い出しから。

資産には2種類あります。

金融資産と非金融資産です。



①金融資産

―いつでも自由に現金化できるもの。

例:現金・普通預金・有価証券・小切手・金券

―すぐに現金化するのが難しいもの。


例:満期のある定期預金・保険証券・年金。



特徴:市場性が高い。

   価格がハッキリわかる。

   いつでも取引できる。

   維持コストもかからない。

   持っていても邪魔にならない。

   価値も減りにくい。

   放っておいても価値が上がりやすい。



②非金融資産

―実物資産

例:車・マイホ-ム・賃貸不動産物件・貴金属など

―無形資産

例:SNSアカウント・特許権・暗号通貨など

―人的資産
 
例:働いて稼ぐ力・人脈など



特徴:市場性がやや高いからほぼない。

   すぐに売れない。

   価値はメンテナンスしないと維持できない。

   維持費がかかる。



どうやってカウントするのか?

一部になりますが、触れて行きます。



まず、金融資産の

「すぐに現金化できるもの」について。



たとえば現金。忘れがちなのが、サイフの中

のお金。こちらもカウントします。

もちろん「へそくり」も・・・。

金券や、ポイントも含みます。楽天ポイント

も忘れずに~。



つぎに

「すぐに現金化できないもの」について。



保険証券は、解約返戻金があるものは

保険担当者に「今解約すると解約返戻金は

どれぐらいですか?」と確認します。

すぐに教えてくれますよ。



退職金も、今退職するといくらになるか?

会社の人事部に確認すれば教えてくれる

ようです。



あと、忘れがちなのが「年金資産」です。

企業年金やイデコ、公的年金も含みます。

公的年金はどうやってカウントすればいいの

か?ですが、両学長さんの動画内では、

「ねんきん定期便で確認」ということでした。



ねんきん定期便に記載されている、

現時点での受け取り予定額でいいのかな?

わたしはとりあえず、その金額を入れて

みました。



ねんきん資産は老後を支える貴重な資産。

カウントしておきます。


======


次は非金融資産の「実物資産」。

マイホ-ムがあれば、時価を調べます。

時価を調べるには、不動産会社3社ぐらいに

見積もりをとります。



我が家も今年、イエウ-ルを利用し、

自宅の査定をしていただきました。

査定


2021年のわが家の査定は、土地建物合わせ

こんな感じでした。


売り出し価格とか



ゴ-ルド、高級時計、高級バッグなども

資産です。ネットで査定額を調べる

などして、カウントします。



非常にめんどくさいですが、これをすると

「いつの間にか、資産価値のない物ばかり買っていた・・・泣」

と、現状把握することにつながります。

(高かったのに、全然価値ないじゃん!)

と知るのはショックです。でも、自分の

みたくない部分とどれだけ向き合えたか?

で、その後が変わってきます。

ここは踏ん張りどころ!ファイトッ!



「無形資産」と「人的資産」は

目に見えないものなので、値段がつけにくい

ですよね。将来ぜったいに収入になる、と

いう確信もないですし。



なので、日本のマネ-本ではこちらは資産

として含まない、というのが多いそうです。

ただ、ここが育つと、入ってくるお金も

増えていくというのはイメ-ジできますよね。



わたしはまだこの部分が弱いので、

ここを育てたい!というのが、資産を洗い出す

ことで見えてきます。


=====


次に、負債を総点検します。

負債は2種類に分類されます。



負債①短期で返済するもの(一年以内)

例:クレジットカ-ド債務(借金です)

  後払いサ-ビス、キャッシングサ-ビス(借金です)

  家族や友人,飲み屋のツケなど。(借金です)



負債②長期で返済するもの

例:住宅ロ-ン、

  自動車ロ-ン、

  奨学金ロ-ン、

  教育ロ-ン。ぜんぶ借金です。



つまり、負債は「借金」です。



私は買い物のほとんどを、クレジットカ-ド

払いにしています。つまり、約三か月分の

借金が常にある状態です。かなりの額です。



お手軽なサ-ビスですが、ちゃんと借金だ、

と認識し、しっかり管理して使わないと、

マズいことになりますね。



その他の負債は、住宅ロ-ンがあります。

こちらは銀行から送られてきた、

「ローン返済予定表」で確認できます。



我が家の2021年10月時点での

住宅ロ-ン残高は、¥9,765,828

でした。お。1,000万円切りましたね。



そんな感じで、資産と負債を洗い出します。



これをすると、大半の場合、

「みたくないものが、見えちゃった」

になると思うんです。



想像以上にお金を使っている!とか。

想像していたよりも、負債の方が多い!

とか。できれば見たくないですよね。

ただ、先にも書きましたが、



嫌なものを直視できるかどうか?で

人生は、大きく変わります。




自分の中にある、ネガティブな感情も

しっかり自覚できた人のほうが、

人生は好転していくもの。



お金も同じ。見たくない部分とどれだけ

ちゃんと向き合えたか?で、その後のお金

との関係も、大きく変わります。



資産と負債が出せたら、最後に

純資産を出します。計算式はカンタン。



資産-負債=純資産



純資産が一億円あると、お金持ちと言われて

いるそうです。うわ~。



でも、そういえば、私が目標としているのは

「金融資産一億円」でした。

※純資産一億円、にした方がいいのか?



そのために、どの資産を増やして行けばいい?

そのために、どの負債を減らせばいい?

どの資産・負債を、増やさないようにすればいい?



これを考えることが、お金持ちへの道を進む

ことになりますね。目標がでっか!すぎて、

現実とのギャップにタジタジですが。(^-^;

しかし、



このギャップ(空白)をうめるためには?

どうしたらいい?



と、脳はすでにもう、この空白を埋める

ための旅に出ていますね!

※スペ-スが空いたら、そこは埋まる。

脳は空白を埋めたがる、そういう仕組み

なのです。




バタバタしたりタジタジしたりも

楽しみながら、旅していこうと思います!

今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました♡