結婚してから、まいにち家事をしています。



わたしの実家では、私が子供のころから

母が一人で家事をしていました。

(今は父もやっていま~す)。



育った家庭が基準となるので、

「結婚したら、妻が家事をするもの」

という価値観が、幼少期から刷り込まれて

いました。



そのため、結婚当初、夫から

「俺もなにかしようか?」といわれたとき。

「だいじょうぶ」

と言ってしまいました。



そのことに激しく後悔するまで、

たいした時間はかかりませんでした・・・。

しかし、根がおとなしいもので(は?)

夫に家事をしてほしいとなかなか言えずに

おりました。



結婚して数年は、イライラしながら

洗濯物を干していましたよ~。



「私もフルタイムで仕事をしているのに!

なんで、私一人で家事をしなくちゃ

いけないの?」と。



夫に、「ひとりで家事をするのは不公平!

あなたもやってほしい」と言えればいいのに。

これが、言えなかったんですよね~。



言えなかった理由は、わたしの場合まず、

自分を信頼できていなかった。

だから、夫も信頼できなかった。

これが原因でした。



(家事をやってほしい、といったら

夫はどう思うだろうか・・・。きっと

怒るだろう。嫌な気分になるだろう。

だから言えない)。



だったんですよ。自信がなかったんです、

自分に。これ、子供のころからずっと。



子供の頃、「私も仲間に入れて!」とか

「これ、貸して!」とほかの子に言うのが

ほんとに、ほんとに苦手で・・・。



母親に「ほら、自分で「私も入れて」

って言ってきなさい」といわれても、

ヤダヤダと首を横に振っていました。



わたしが言っても、聞き入れてもらえない

わたしなんかが・・・。と。

それがずっと。大人になっても、とある部分

で顔を出す。不思議なものですね。



サラッと言える友人が、本当に羨ましいなあ

と思っていましたよ。



その後、たくさんの本を読むようになり、

たくさんの価値観に触れていくうちに、

夫に「家事を手伝って」と言える自分に

なりたい、そう思いました。



ありたい姿があるのであれば、そこへ向かう

行動をしないとなりませんね。

ですから、苦手なこともしてきました。

その結果、以前よりは「これお願い~」

「やってほしい」と言えるようになりました。



ただ、いまだに夫に家事を依頼する時、

密かな抵抗があります。苦手なんですわ~。

(;^_^A

こんな自分も、いまは〇。



でね、ここからがやっと本題ですが。

(前置き長!)わたしのように、



・一人で家事をすることに、実は不満がある。

・でも、夫に家事を手伝ってほしいと言いにくい。

・試しに依頼してみたが、なんか違和感がある。

・どうしたら家事をイライラせずにできるのか?



と、お悩みの方へ。一つ提案したいことがあります。

それは、タイトルにも書きました、


家事=ビジネス、と決める。


です。家事=主婦の義務、じゃなく、

ボランティアでもなく、

家事=ビジネスです。

わたしはそう、設定しちゃいました。



そして、仕事と書くよりも、ビジネス

の方がしっくりきます。



意味は同じですが、ビジネスとする理由は、

家事をする私たちは、「ビジネスオーナ-」

だ!と認識させるため。そういう意識を

芽生えさせるため、です。



ビジネスになると、意識が変わります。

なぜならば、ビジネスの世界では利益を上げない

といけないからです。

家事というビジネスの分野で、わたしは

どうしたら利益を上げることができるか?

考える必要が出てきます。



これまで、「なんで私ばっか家事をしなくちゃ

いけないの?むかつく~キ-!」

に使っていたエネルギ-。その、ものすごく

強烈なエネルギ-を、今度は



「どうしたら、もっと利益を上げることが

できるだろうか?」



に使うんです。家事=ビジネスと定義すると

自然とそうなっていきます。だって、私たち

ビジネスオ-ナ-ですから。



ビジネスの世界では、結果を出さないと

評価されません。利益も得られません。

そのため、先に投資をします。

投資は、その後その金額以上のリタ-ンが

得られる、と思える部分に先にお金を使う

ことでしたね。



わたしの家事ビジネスでは、どこに投資

したら、それに見合った、またはそれ以上の

リタ-ンを得られるかな?

これを、考えるのですね。



ひとりでアイデアが浮かばない時は、すでに

家事ビジネスで成功されている方が、どんな

ビジネスをしているのか?情報収集を

します。



ネットで簡単に情報は得られますし、

ブログをされている方なら、コメントで

質問してみるのも良いですね。



もし身近に家事を楽しんでされている方

がいれば、「どうしたらあなたみたく、

ごきげんで家事ができるの?どんなこと

しているの?」と、聞いてみるのです。



みなさん、間違いなく喜んで、教えてくれますよ。



自分が得意としていること、

自分が好きなことを、誰かに教えるのは

基本、みんな嬉しいと思います。



そんな感じで、何十年と「結婚したから

仕方なくやっていた家事」を、

家事=ビジネスで、わたしはビジナスオ-ナ-

と設定し直します。



きっと、意識がガラッと変わり、

そして、見えてくるものも変わってきます。



わたしは家の中に、まだまだたくさんの

改善点があることに気が付きました。



ここがこうなったら、もっと社員(会社

なのでね。私社長、夫平社員)が効率よく

家事ができたり、休憩できたりできるかも。



社員食堂(会社なのでね。私社長、夫平社員)

のメニュ-、たまにはこんなのも出して

みようか。



など、たくさん見えてきます。そう、

「社員の満足度を高めるために、職場改善

できることはなにか?」と、

「消費者がもとめているものはなにか?」

を考えることに、意識をエネルギ-を

使うんですね。



考える私は、ビジネスオ-ナ-であり、

社員でもあり、そして消費者でもある。



ちょっと普通のビジネスの世界とは違う?

かもですが。



そんな風に意識を切り替えて、家事を捉えて

みるんです。楽しくなってきますよ。



そうそう、苦手な家事をできるだけ効率よく

するために。お風呂場に設置する、

物干しホルダ-も発注しましたよ。これです。

マグネットバスルーム物干しホルダー2個組 タワー tower ホルダー フック マグネット 4915 4916 お風呂 浴室 物干し 室内物干し 壁付け お風呂場 白 黒 タワーシリーズ yamazaki 山崎実業 室内干し カワック 浴室乾燥 竿 受け ブラック ホワイト magnet ヤマジツ

価格:2,860円
(2021/11/6 06:17時点)
感想(5件)




使ってみて良かったら、ブログで報告します。



経費を浮かすために、わが社では

楽天ポイントを今年度から取り入れました。



物干しホルダ-など必要なものは、

楽天マラソン&5と0の付く日にまとめて

購入し、ポイント倍率を高める努力も

しております。笑


========


いつもひとりで悶々と家事をしている。

でも、夫に家事を手伝ってほしいと言えない。

だからと言って、家事代行も頼めない。

イライラして、洗濯物を干している。

・・・これでは、楽しい人生とは言えない

ですよね。私、こんな感じでした。



そんな場合はもう、上記に書いた今は苦手

なことや、今はできないことは、

全部手放して、この際「ビジナスオ-ナ-」

になっちゃいませんか?



設備投資するお金がない場合、

まずは家の中の不用品を処分するだけでも

家事効率はグッとあがります!

不用品を処分した結果、お金にもなるかも

しれません。



更に不用品を処分し、家事効率が上がれば、

少し空いた時間もうまれます。それも、

会社の利益です。まずは、ビジネスオ-ナ-

である、私たちが、それを受け取って良い

のです♪会社の利益は、資本家が受け取れます。



文字通り、お金で受け取ってもいいと思って

います。頑張って、ビジネスをしている

という実感があれば、罪悪感は不要です。



予算の範囲で、家計をやりくりして生じた

余剰資金です。あらたな設備に投資するも

よし、オーナ-である私たちが、その一部を

報酬として受け取ってもよし。



その裁量権は、オ-ナ-にありますね♪

もちろん、私利私欲のためだけに会社のお金

をつかえば・・・出したものは、結局また

自分の元に戻ってきます。因果応報ですね。



消費者も、従業員も。

みんなが満足できるビジネス創り。

考えていこうと思います。

家事ビジネスで、オーナ-になろ~♪

(来年は福利厚生の一環で、社員旅行も

計画しちゃうぜ~✈その前に、社員の朝食の

準備しよっと)



今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました♡