とつぜんですが、みなさんは

年金に不安を感じていますか?



はい、と答えた方に、さらに質問です。

なぜ年金が不安ですか?



・学生時代、学校の先生が「将来にほんの

公的年金制度は破綻する」と言っていた

から。



テレビで経済評論家の人が「日本の年金制度

は破綻する」と言っていたから。



保険の販売員や銀行の窓口で

「年金の将来は危ない、年金はあてにならない、

だから、保険、投資信託で備えておいた方がいい」

と言われ、個人年金保険や投資信託を

すすめられたから。



などがあるかと思います。

じっさいこれらは、私や私の身近にいる人

たちが、年金が不安だと感じていた理由です。



それぞれ違う理由にみえますが、

じつはすべてに通じる点があります。

これらの共通点は、



「誰かが、そう言っていたから」。



自分で調べたわけではなく、他人がそういって

いたから。それを鵜呑みにし、信じ切って

いる状態です。



しかし、それははたして、真実でしょうか?



最近読み始めました、

知らないと損する年金の真実

DSCN2507



知らないと損する年金の真実 - 2022年「新年金制度」対応 - (ワニブックスPLUS新書) [ 大江 英樹 ]

価格:946円
(2021/11/10 07:28時点)
感想(1件)



コチラの本に、

「年金に不安を感じる3つの理由」が

書いてあります。


わたしは年金不安の理由は大きく

3つあると思っています。

その3つとは

①経験していないことだから

②年金不安を煽る人たちがいるから

③年金について間違って理解しているから


さらに、年金不安を煽る三悪人として、

①マスコミ

②金融機関

③野党

をあげています。



まさに、わたしたちが年金に不安を感じた

理由の根源は、この3者からの情報では

ないでしょうか?



※よだんですが、大江さんは「三悪人」

と書かれていますが、

ご自身の立場から見ると好ましくないと思える

だけで、彼らは決して悪い訳でもなんでもなく

むしろ、自分たちの利益に忠実に行動して

いるに過ぎない、と書かれています。



~~~~~



とにかく私たちは、誰かから聞いた言葉を

何の疑問も持たず、そのまま鵜呑みにしやすい、

ということ。



そして、経験していない事だからこそ、

不安になりやすい、ということ。



さらに、間違って理解しているということ。



特に、年金について、知らないのではなくて

間違って理解している。これが、ものすごく

厄介なんですよね。



なんせ本人は、わかっているつもりですから。



人は、自分が知っていることを否定されたり

訂正されたりすると、いい気分はしません。

そうなると、そこでいくら正しい知識を

伝えようとしても、その人の耳には入って

いきません。



(だって、テレビで偉い人がそう言っていたもん)



と、無意識での意識も働くから。

マスコミの影響力って、ものすごく大きい

というのがよく分かります。



大江さんもそれで苦労した、と本に書いて

あります。

ところが最近は、少し風向きが変わっている

そうです。マスコミの論調にも変化がみられる

ようになってきたそうです。



さらに、ネットで正しい知識を還元しよう

としてくれる方たちも増えてきました。



わたしもその方たちのお蔭で、年金について

正しい知識を得ることに成功しています!



本の帯に、

「日本人の9割がしている勘違い

思い込みを捨て、正しい知識を持てる人

だけが得をする」

と書いてありますが、、、



いや~、本当にその通りだなと。

これまで間違った思い込みのせいで、

かなり損をしてきた私。

この言葉はものすごく納得、共感でき、

だからこそ、たくさんの方に循環したいと

おもえるメッセ-ジであり、本でもあります。



本にはその他にもぎっしりと年金の真実が

書かれてあります。



DSCN2508




素人目線で書いてくださっているので、じつに

読みやすく、理解しやすい内容となって

おりますよ。



本の著者、大江秀樹さんも実は、日本の

公的年金は将来破綻すると信じていた

おひとり。



じっさい、証券会社勤務の現役時代は、

ほんとうに「年金は危ない。だからお客さんに

金融商品をすすめるのは、お客さんのためだ」

と信じて働いていたそうです。(会社では

公的年金の正しい知識など、教えてくれない

ので・・・)。



そんな大江さんでしたが,年金に関するニュ-ス

や議論には、素朴に考えてもおかしい・・・と

おもうことがたくさんある、と感じていたとの

ことです。



そこで、素人目線で、年金の誤解を分かりやすく

説明できるのではないか?ということで書いた本

が、「知らないと損する年金の真実」。



公的年金って将来あぶないんでしょう。

不安だわ…と感じている方。

まずは、年金の真実について、自分の目で

確認して欲しいなと思います。



年金、ですが、実は「保険」なんだ、

ということすら、知らないという方も

多いのではないでしょうか?



この違いを知るだけでも、だいぶ気が楽に

なれるのではないかな?と思います。

何を隠そう、わたしがこの違いを知り

「安心感」を手にできたのです。



大江秀樹さん。知らないと損する年金の真実。

知らないと損する年金の真実 - 2022年「新年金制度」対応 - (ワニブックスPLUS新書) [ 大江 英樹 ]

価格:946円
(2021/11/10 07:28時点)
感想(1件)




おすすめです。多くの方に読んでいただきたい

一冊です。

今日も最後までお読みいただき、

いつもありがとうございます♡