職場年下くんから、こんな質問をされました。

「ららさんのストレス発散方法って何ですか?」



私の答えを読む前に・・・。

みなさんのストレス発散方法は?

なんでしょうか?

・・・・・

答え、出ましたでしょうか?




では、私の答えを書きます。

私のストレス発散方法は、これ!



紙に書く。
書き終わったら、
ビリッビリに
破って捨てる!




ですっ。年下君から質問されて、すぐに

浮かんだのがコレでしたね。



「ストレス?私、ストレスたまりませんので」

といえたらカッコいいのですが。

ざんねんながら、わたしストレスたまりますので。



と言っても、最近は以前ほどストレスを

感じることはありません。かなり減りました。



それでも、ときどき「ムカっ」としたり

「あったまくるわ!」と怒ったり。

「ド---ン」と落ち込んだり。

無価値感(なんか、虚しいと思うこと)を

覚えたりということは、起きます。



そんな時、今の私はとにかく、

「ストレスをためないこと」を、一番の目標

にしています。



その理由は、ながく負の感情をためていると

運の流れが悪くなるから。

自分の波動が落ちて、運気が下がるからです。



運を良くしたければ、運を上げるより、実は

運を下げない方が大事なんだ、ということを

カオラボで習いました。




なので、いまはストレスを受けたら、

ストレスをためない。すぐに吐き出す!

吐き出したらスッキリして、ストレスを

持ち越さない!ということを意識しています。



そのために効果的なストレス発散法が、

「紙に書き出して、ビリッビリに破って捨てる」

なんです。



いろいろな方法を試してみた結果、これが

いちばん良かった!とはいえ、ただ紙に書く

だけでいいのか?うまくいくのか?というと

ちょっと違います。

すこしだけ、コツがあります。



みなさんにもお勧めしたい方法なので、

そのコツを、すこし詳しく書いてみます。



ストレスを紙に書いて吐き出す方法を成功させるコツ!



まず、ゴ-ルについて。この作業の

最終到達地点は、



「完結させること」



終わらせることです。

ストレスを吐き出したら、そこで終わらせる。

次の日に持ち越さない。

これが、目標です。



なので、ストレスを何らかの方法で吐き出し

ても、

①翌日・翌々日にも持ち越している。

②何度も思い出しては、イライラする。


こんな傾向があれば、その方法は自分に

合っていない、ということになります。



と言っても、最初からすぐにできるものでは

ないので、徐々に短くなっていれば、OK!



私の場合、最近はどんなに大きなストレスでも

ながくて3日。それ以上長引くことはないですね。



では、次は吐き出すときの手順と「コツ」を

書いてみます。



手順①

まず、自分がストレスを感じていることは

何か?をしっかり認める。



→これは、自分はこんなことをされると嫌なんだ

な、と自覚するためです。

自分が嫌なことが自分でわかれば、それを

避ければいいから。



嫌なもんは,イヤ!嫌いなもんは、キライ!

ならば、逃げればいいです。

でも、案外みんな自分の嫌いに無関心で

あったりします。「我慢するしかない」と

思い込んでいます。そんなことはないです。

嫌いなものは、避けていいんです♪

真正面から戦っていては、エネルギ-が

どれだけあっても持ちません!



逃げるためにも、まずは自分のイヤ!と

知ることから。



手順②一人になれる空間を確保する



ストレスを吐き出す場所を確保します。

私がよく使う場所は、職場のデスク。

お昼休みは一人きりになれるので、その時間

を確保します。



手順③真っ白な紙と、ペンを用意する



何も書いていない、真っ白な紙と、

インクが満タンに入っているペンを用意します。

広告の裏紙(今もあるのか?)とか、

カレンダ-の裏紙でもいいですが、

私が試してみて、良かったのは真っ白な紙。

おススメです。



手順③書く!



環境と道具を整えたら、書き出します!

腹の中に貯まっている、ドロドロな思いを

すべて、真っ白な紙に書き出します!



この時のコツは、

どんなに汚い言葉を使ってもOK!



普段はぜったいに使わないような、でも、

ほんとうは言いたいことがあれば、それも

ぜんぶぜんぶ、紙に書き出しちゃいます。



だいじょうぶ、誰も見ていません♪



え?天が見ている?

だいじょうぶ、神様は寛大です。

心がものすご~く、広い方です。

許して下さいます。



え?汚い言葉を使うと、自分へのインプット

になるんじゃないか?ですか?

だいじょうぶ、短時間なら、インプットに

なりません。



言葉は、それを何度も何度も繰り返すこと

で、インプットされていきます。



なので、ストレスを吐き出さず、長く

心の中に居座り続けさせるほうが,マイナス。

良くないのですよ。



ですから、短時間で吐き出せるのであれば

汚い言葉を使っても大丈夫。



ま、これは私の経験上ですが、

わたしは特に問題ありませんですよ。



そんな感じで、とにかく全部書き出します。

真っ白な紙の、表も裏も全部使って。

裏も表も使ってしまったら、書いた上に

さらに上書きしてもいいですよ。



真っ白な紙が、真っ黒になるまで、

無我夢中で書き出します。書きなぐる、と

言う表現が実に合っている、そんな感じで

私は一心不乱に書きなぐります。



書きながら、言葉にも出すこともあります。

「ピ-!」の連発ですよ。

そんな感じで、感情も一緒に、紙に吐き出し

ています。



手順④書き出したものは破るか燃やす



スッキリするまで全部書き出したら。

その紙を、私はすぐに破り捨てます。

燃やせる環境があれば、燃やしたいのですが

燃やせる環境がない場合は、ビリッビリに

破いて。さらに、私はシュレッタ-にも

かけて、「こっぱみじん」にします。



これが、ものすごく、スッキリ~・・・♡

するんですよねぇ・・・♡



手順⑤良い言葉や感謝で締めくくる



最後はこれ。

必ず最後は、いい言葉や感謝で終わらせます。

なんでもいいんです。



スッキリしたのであれば、

「スッキリしました~ありがとうございます!」

で良いですし、他にもあれば。



とにかく最後は、ありがとうございます、という

気もちで終わらせます。



一度で十分なスッキリ感を手にできない時は、

続けてもう一度、同じことをやったり。

時間を空けて、ストレスがぶり返してきたら、

その時にまた同じようになります。



でも、ものすごく強いストレスでも、

多くても2回。ほぼ一度で終わりますね~。



以上が、私のストレス発散方法となります。

いかがでしょうか?



年下君には、こんなに詳しく言いませんが

「紙に書く」

「その際は、どんなに汚い言葉を使っても

OK!と許可している」

「最後に、ビリッビリに破って捨てる」

と伝えました。すると、こんな返事が。



「それ、めっちゃいいですね!

誰の害にもならないじゃないっすか!」



・・・たしかに。相変わらず、鋭い視点を

お持ちな年下君。ということで、タイトルにも

使わせていただきました。あざ-ス。



ストレスは、ものすごく強い負の感情。

負のエネルギ-です。



ですから、そのエネルギ-は一度うまく

吐き出してあげないと、いつまでも体内に

残ります。そして、ストレスはためると

徐々に体を蝕んでいきます。



ガンも、ストレスが大きな原因だと言われて

いますよね。



負のエネルギ-は、やっぱり長く持ち続ける

と、悪影響を受けるのです。



だから、短時間で終わらせるのです!



運気を下げないためにも。

自分にあったストレス発散法を、ぜひとも

探して、みつけていきましょう。

人それぞれ、方法は違うと思います。

適しているか?の判断基準は、先に書いた

ように、



「ストレスを吐き出したことで、

完結できたのか?」



終わらせることができているか?

長引かせていないか?

何度も思い出しては、イライラして

いないか?



それがあるのであれば、ストレスは発散

できていません。ご注意を・・・。



最後に。ストレスを感じない最大の秘訣は

「自分軸で考える」

になると思っています。

原因自分論ですね。



主語が他人になっているのであれば、

それは他人軸。

主語が自分であれば、それは自分軸。

その理解も・・・とっても重要だと思って

います。



自分軸について書くと、長くなるので、

今日はここまでにしますね。

最後までお付き合いしてくださり、

今日もありがとうございます♡